静岡県

税金は義務と分かるが、その後の使い道が不透明過ぎる。(女性:40代)

少しでも負担を軽減してほしい。(男性:70代)

自動車は生活する上での必需品となっており、暫定税率や税に税を課すような仕組みは即刻廃止すべき。なぜ自動車なのか。財源確保が重要なら、もっと公平にすべき。(男性:60代)

もっとシンプルに。また燃料の二重課税はおかしい。(男性:50代)

生活の足として必要な地方都市では、税金が上がるからと言って簡単に車を買い替えられないので、税金が大きな負担になる。(男性:20代)

課税対象に対して、具体的根拠をもって国民が納得できる税制となるよう、重複的な税制、取り立てる為の税は見直しを図るよう専門家等による検討会を実施し、国民に丁寧に説明をしてもらいたい。(男性:60代)

「取りやすい所から取る」と言った、ユーザーへの税負担が重過ぎます。2重3重にも負担させられている自動車関係諸税は、即刻見直すべきである。(男性:60代)

長く大事に乗っている車の税金を上げるのはおかしい。しょっちゅう買い替える余裕のある人たちの税金を上げるべき。(男性:30代)

新車新規登録から13年を経過した自家用乗用車に対する自動車重量税および自動車税の重課措置は非常に疑問です。(男性:50代)

確かに車を持っている人に自動車の税を課せる事は当然だと思いますが取れるところから取ればいいや的な今の日本の納税システム、車も売れないのも確かに少子化、国内の自動車も飽和化もあるが、自動車に対する課税も少なからずあるとおもいます。もっと先を見た自動車に対する税制のありかたを考えてもらいたいです。(男性:40代)

こんなに税金が掛けられては老後のカーライフが不安 。(男性:50代)

今は車社会、普通に無くてはならない移動、運搬手段。特別に贅沢でなく必要なもの。 年齢を重ね、収入も仕事も少なくなり、日々の暮らしも心細くなる現状、少しでも負担金額が少ないと大変有り難いです。(女性:40代)

世の中がエコと騒いでいる中で、車齢13年超程度の車が一斉重課(買い替え推奨)されるのはおかしい。2年毎に車検を受けていても車齢13年しか実質認めないならば、車検も廃止にするべき。大事な資源を大量に使った車を13年程度でスクラップにする。これのどこがエコなのか?(男性:40代)

都市部以外は自動車が必要不可欠。地域間格差も踏まえた上で、過重な自動車税制はその理由が明らかでない場合、廃止・削減すべき。(男性:50代)

このままでは古い車と、新しくて品質の良い車の税率が高くなってしまい買い手がいなくなる。 結果、軽自動車しか売れなくなり、日本の自動車産業の衰退に繋がるのではないか。 自動車に関係ないところに税金が使われるのはおかしい。 道路整備などに使うにしても、自転車も道路は使用しているので税率をかけ、自動車の負担を減らすべき。 (男性:20歳未満)

自動車を使用しなければ生活出来ない人が多いのに税金がかかりすぎます。(男性:40代)

エコカー購入で優遇されるのは分かりますが、ポンポン乗り換えるよりも長く大事に乗る方がよっぽどエコではないでしょうか。 若者の車離れ、といわれますが、安い給料で、税金ばかり取られる車に費やすお金と時間がないだけです…(女性:20代)

取りやすいところから取るという課税を見直し、きちんと根拠を検討・公表し、マイカーユーザー(納税者)が納得できる(自動車)税制にするべきである。(男性:50代)

自動車は贅沢品ではなく日常に必要なもの。税金はある程度仕方ないが自動車のみに課税を増やすのは困る。(女性:60代)

普通車だけでなく、軽自動車については軽自動車税も引き上げられているため、より影響が深刻。このようなアンケート等でも軽自動車についてもっと取り上げてほしい。(男性:40代)

地方において公共交通機関が少なく自動車の保有は生活必需品となっている。ある程度歳になって出来れば車を止めたいと思っても現状では無いと困ることばかり。今の生活では車が無いと、どうすることも出来ない状態である。現状の生活弱者をいじめるような税制はすぐにでも改正してほしい。(男性:60代)

旧年式の車両に対して一概に重税をかすことはやめるべき。(男性:20代)

「二重課税になってもいいから、とりあえず簡単に課税出来るとこから課税する」という考え方から正してもらいたいです。 (男性:40代)

自動車税制はまさに取りやすいところから税金を取るというやり方だと思う。 自動車税制をもっと簡潔にしてわかり易くそして必要最低限にしてほしい。 (男性:40代)

経済政策が、車中心の社会構造を作ってきたのだから、車にかかる諸税は、安価で公平且つ明確になるよう抜本的に見直すべきである。(男性:60代)

外国並みの税金制度に改正を願います。(男性:50代)

無駄な道路を作らないことが一番だと思います。同じ道を何度も工事したり、交通量の少ない場所に片側2車線の道路など、必要ないものが多すぎると思います。そういった無駄を省けば自動車にかかわる税金はもっと減らせると思います。(女性:50代)

環境保護や道路維持のためなら自動車保有者がある程度の負担をするのはやむを得ないが、税金の使われ方を明確にし、税金の制度をもっとわかりやすくして欲しい。(女性:60代)

二重課税の問題など、解消するために税体系を抜本的に見直すべき。省エネ、環境を進めるわかりやすい体系にすべき。(男性:50代)

自動車税制は自動車や道路整備に使うべきで、一般財源に使用するのはおかしい。自動車を持っていない人は得をする。不公平である。(男性:60代)

車がないと、生活できない地方にとって無意味に課税されるのは今後の生活に更に負担が大きくなります。やむを得なえいものは仕方ないとしても…(女性:40代)

1台の車を大事に長く乗っているのに、税金を上げるのは反対。せめて現行のままであってほしい。(女性:40代)

地域の道路、地元が良くなるのに使われるなら納得ですが、一概にそうではないと思うと不公平を感じます。(女性:40代)

軽自動車の新車登録及び13年経過した車両に重課せず、従来の税でお願いしたい。 (男性:70代)

TAX on TAXには断固反対。(男性:40代)

農村部等の公共交通機関の廃止等でクルマは必需品につき一律で課税する税はできるだけ少なくすべき。その代り受益者負担になるような課税の仕組みが必要。たとえば高速料金負担の見直しなど。(男性:70代)

多くの税制と同様に自動車税制も名目を細分化し分かり難くしている様に思う。財政困難という前に、真剣に財政改革を実施することが先決と思う。 車は生活必需品であることが全く考えていない中での税制改正には反対です。(男性:70代)

地方の方は交通機関が発達してないので車は必需品です。もっと地方の方の事を考えて欲しいですね。(男性:60代)

自家用車は、地方に暮らす者にとっては生活必需品。東京など交通機関が発達している人たちは、車など必要ない人がいるかもしれません。何でもそうですが、大都市中心の政治や経済では地方に住む者はたまりません。(男性:60代)

不当と感じる重課があまりにも多い、一度購入した車から、税金を取り続けるのは、如何なものか? 維持費が掛かり過ぎる事から、昨今の自動車離れもあると思われる。税金という大義を掲げて2重3重に徴収する事には反対する。(男性:50代)

年金生活者にこれ以上の税負担をするな。(男性:60代)

自動車の税負担は取れる所からすべてとると言う感じがする。税の負担を軽くして欲しい。(男性:60代)

生活必需品となっている車への課税は軽減もしくは削除すべきです。(男性:60代)

取れるところから取ろうとしているように思います。(男性:60代)

ガソリンについては2重課税なのは納得いかないし、田舎ほど交通手段が無いために車を持たなければ生活できないのだから、車を持っている人に重税を負担させている事は公平性に欠けると思います。(男性:50代)

自動車税については、以前より家計の負担が非常に大きく、さらに消費税まで引き上げられることになっています。増税する前にまず無駄な経費の削減を具体的に国民に提示するべきであると考えます。(男性:50代)

ハイブリット車優遇、車齢による課税は収入格差の有る中で言えば高所得者優遇税制であり生活に必要不可欠な車の税制は平等感が有る税制にすべきだと思います。 省エネ車を購入したくとも出来ず止む負えなく長年乗り続ければ課税される、?と思うこの頃です。(男性:60代)

もっと透明感のある税金にするべき 何に使用する等。(男性:30代)

車にかかわる税金が多すぎです。車はすでに国民にとっては必需品です。即刻重税をやめるべきです。(男性:40代)

現状で徴収されている税金が、納得できる内容で利用されているのであれば全く問題は無いが、不透明でどんぶり勘定的に使われていると思う人がほとんどではないだろうか。 もっと計画的に意味のある使い方をして、なるべく庶民の負担を軽減してほしいものです。 (男性:40代)