栃木県

地方では自動車は生活必需品。それにこんなに高い税金をかけるべきではない。(男性:70代)

メンテナンス等、定期的に行っていれば車は早々壊れない程 技術も向上しています。 それに伴い自動車の価格も向上しています。 買い替えも経済的に負担が大きく愛着のある車は何年も乗り続けたいと思っています。  それは間違った考えですか?(男性:50代)

自動車は今はぜいたく品ではありません。 生活必需品です。地方ではなくては生きていけません。少なくても、排気量が少なく、グレードの低い車は、税金を最低限にするべきです。国会議員の方に、車なしで地方で暮らしてみてください。 こんな国は世界にあるでしょうか? (男性:60代)

各先進国の自動車保有に対する税金に対し、日本は過度な課税がされている。収入が減るから自動車関係諸税は削減出来ないという類の発言そのものが都心部に住む人が中心に政治をやっている様にしか感じられない。(男性:30代)

現在の国政の状況から不明確な税金が多く存在する中で、自動車に関しては非常に厳しく税が課せられていると考える。 税金を支払わなければ、罪を課せられるのは国民であり、そのような背景からも払わないという選択肢をとることはできない。 国は二重課税という形で納税の義務のある国民に厳しい要求をし続けるのはどうかと思う。(男性:40代)

自動車は生活必需品であり、18歳から高齢者まで保有している。それに対し、いくつもの課税を行い、一般財源化することは納得いかない。負担を減らすべきだ!(男性:20代)

現行の自動車税には様々な矛盾点が有ります。現在、消費税率10%実施を目指して様々な検討しているこの機会に見直すことをお願いしたいと思っております。将来の人口予測と自動車の保有予測を考えればもう目先のやり繰りでは立ち行かないことは自明の理です。理路整然とした税制に立ち戻ることを期待します。 (男性:60代)

自動車は日本の重要な産業なのだから、税金の重課税は理不尽である。二輪に関しても理不尽な課税状況がある。一刻も早く改善して頂きたい(男性:30代)

自動車は地方にとっては生活必需品のため 国も、取れる所から取ると言う考えは改めて欲しい。また、今後もこの税金が変わらないのなら、既存の道路をしっかり整備して欲しい。(男性:50代)

消費税同様、購入額に応じた課税とすべき。(男性:30代)

環境のことを考えるのであれば、車の買い替え自体が非エコな行動であり、十分に税金を払い続けた既存のクルマを有効活用するような税制に変換すべき。 軽自動車においても、所得格差の問題も一要因であり、安易に変更をすると所得格差の拡大に繋がりかねない(男性:30代)

収入に対して計算した額を税金として欲しい。 高収入の人と低収入のひとが同じ税金を払うのはおかしいと考えます。(女性:40代)

負担を軽減して自動車に乗りやすくしてほしい。(男性:70代)

自動車の購入、維持に掛かる税金は時代遅れなもの、不合理なものばかりなので、一度根本から見直すべき。(男性:40代)

自動車関連の諸税複雑多岐になっている、重量税等は廃止にすべきです。政府も取りやすいところから取っておいてそのあと廃止をしない。(男性:70代)

税金を取りやすいところから取っているので納得いかない。(男性:40代)

自動車重量税や自動車税の設定根拠が、1つのモノを大事に長く使うという日本的美徳観念を崩壊させようとしているのではないか?と思うところがある。(男性:40代)

とにかく、多岐にわたり税が掛かりすぎです、税金が掛かりすぎていて、車を買わない若者が増えています。自動車業界の人間として大問題です。(男性:40代)

自動車を持っている人には、大変負担が掛かる税は反対である。(男性:60代)

所得が低いから軽自動車を使っているのに、増税されたら車をつかえなくなってしまう。田舎は車が無いと買い物にも行けない。日常生活が困る。(女性:50代)

基本的に各税金が高く負担が大きいです。お金が無く中古車をやむなく買う人や、大切に長く乗る人、旧車が好きで古い車を買う人が重課されてしまうのはどうかと思います。税金が安くなったり、廃止されればもっと車を早い周期で買い替えたりするのかと思います。(男性:40代)

自動車に掛かる税金は二重、三重に加重される意味が良く理解できない。多分 単純に税金は取り易い処から取ろうとする姿勢が見え見えです。(男性:60代)

取れるところから取ってやろうという魂胆が見え見えです。都会なら自動車を持たないという選択肢もありですが、地方ではどんなに生活に困っても自動車は必需品です。普通車を軽自動車に乗り換えてでも自動車が必要な地方の低所得者を切り捨てないでください。(男性:60代)

地方に住む私達には車は無くてはならないものです。毎日の買い物にも、車でさえ10分以上かかります。1年に幾らの税金を納めているのやら(女性:50代)

自動車を使わざる得ない地方に非常に不公平感を感じる(男性:50代)

交通の便が悪い田舎では、車が必需品なので、年金生活でも保有しなければならない。とにかく維持費は安くなるようにしてほしい。(男性:60代)

物を大切にする、または経済的な理由で新しい車を購入できない方もいるかもせれません。そんな人たちへの課税が重くなるのはおかしいのではないでしょうか。(女性:20代)

‘取りやすいところから取ればよい‘や‘今更廃止できない‘的な考えとしか思えない現行の課税方式は異常な状態と考えます。(男性:50代)

世界に誇る自動車大国でありながら自動車文化と呼べる物が育まれていない。その背景には古い車をどんどん廃棄し新車に代替させようとする税制がある。年間走行距離が短い古い車と毎日走るクリーンな新型車との環境負荷は違わないともいえるので、自動車に係わる税は炭素税に一本化するべきである。(男性:40代)

立地上高速道路等多く利用するが、公共交通が未整備なため、過重負担にならざるを得ない。新幹線を整備するのに、特定財源があるわけではないのに車だけあるのは、不均衡ではないか(男性:50代)

税制全体の見直しの中で自動車税と道路財源含めて再考すべき。(男性:60代)

税率はアメリカ並みに安くして欲しい。(男性:40代)

交通手段が厳しい場所では車は必要な足です。 税金もガソリンも上がり低所得者は車を持てない時代がくるのかと感じます。 新しい車に乗り換えられる市民ばかりではありません。古い車を大事に長く乗り支出を出さないようにしている市民もいます。 もう少し低所得の市民の声も聞いて欲しいと思います。(女性:40代)

取りやすい税金なのかな?(男性:50代)

現在の住環境では車が無いと生活できません。近所では皆、軽自動車や燃費の良いコンパクトカーに買い替えています。必要な物に複数の税をかけるのはいかがなものか。(男性:50代)

基本的にガソリン等の燃料代に税金を限定し、税率を本来分の3〜4倍程度に引き上げる。これにより燃費の良い車や適切な運転を行うドライバーが恩恵を受けられ、合理的である(現在の税制は車の性能や仕様で税金が変わり、ドライバーの技術は二の次である)。但し自動車税は不使用車の放置に繋がる恐れがあるので課税基準を見直し継続。(男性:40代)

古い車により多く重量税および自動車税が課されているが、古いものを大事にする諸外国と逆行している。政府は車を買い換えさせることによりCO2を減らそうとしているが、新しい車を製造することもCO2を出していることを認識すべし。(男性:50代)

財源が厳しいのは理解します。 納めた税金に見合う渋滞対策や歩道整備を行って欲しい。 道路特定財源は復活すべきと思います。(男性:50代)

自動車に係る諸税は根本的に見直すべきではないかと思う。 その殆どの税金が「一般財源化」しており 取れるところか取っている感が強い。 現在、地方の交通の便の悪いところに住んでおり、最寄りの駅、買い物等日常生活に「車」は必須であり、これがないと殆ど何もできない、都市部と地方では車を持つこと意味合いが違う。地方の「軽減」を望む(男性:60代)

税金がどこに有効活用されているかよく分からない。(男性:60代)

もっとすっきりした形で、税金を軽減すべき。二重課税は、納得できない。(女性:80歳以上)

国の財源である税は国民の義務として理解するが、取りやすいところ(役所が把握できているところ?)からとるのではなく、マイナンバー制導入により、税の主旨を踏まえトーゴーサンピンを是正し、主権在民を感じられるよう、取るべきところから徴収するようにすべき。(男性:60代)

もっと税金を含めて、自動車を持ちやすくしないと若い人たちの車離れが加速する。(男性:60代)

自動車の税金について。 買い替えたくても買えない人がいるのだから、 13年目から税率をあげるのは反対。 後は税金を上げても、使い途が不透明なのできちんと、目に見える様にすることを要求してください。(男性:50代)

車を取得、保有するための税金が多く、課税時の目的と現状では状況が変化しており、見直しまとめるべきである。(男性:60代)

税を「取り易い所から取る」と言う考えをやめて欲しい。車は私達の「足」です。(男性:60代)

ガソリン税に消費税をかけて二重に税金をとているのはおかしい。自動車に税金ばかりかけているから賢い若者は地方に住まない。車はもたなくなる。魅力を感じなくなるだろう。(男性:40代)

全員に公平でバランスの良い負担を。(男性:30代)

使用用途がハッキリしているものを支払うのは仕方ないと思うが、なぜ必要なのか惰性でとられるのは納得できない。(女性:40代)

そもそもの税制の成り立ちのことから議論して、不条理なものは即廃止すべきと考えます。 (男性:50代)