東京都

自動車に係る税制は分かりづらいものが多いため、税制の見直しを図るとともに、わかりやすい単純な仕組みにすることが重要であると考えます。(男性:50代)

必要な税金は支払うべきと思いますが、ガソリン等燃料の税金にまで消費税がかかるのは理解ができません。(女性:50代)

13年以上経過した車への重課には、疑問を持つ。買い替えたくても お金が無くて大事に乗っているのだから。(男性:40代)

他の国の税率と同水準になるべきで、税収が減少する部分は自動車関連以外からの勢で補うようにすべき。(男性:50代)

自動車が贅沢品と言われた時代に制定された税制で、今は生活必需品となったので見直すべきだ。(男性:40代)

13年超の車の税金が高い、一般車並みにしてほしい。(男性:20代)

一般財源化には反対、税の使途を明確にした課税とすべきである。(男性:60代)

国民に対し、自動車税の使途を明確に説明する場とロードマップがあれば、納得はできなくとも批判は減ると思います。 地方道路の整備も本当に必要なのかの議論と 使用者の負担率を増やす方が納得できます。(男性:30代)

ガソリン税を安くしてほしい。一時廃止したりしてもめたが、気軽に出かけられるようにした方が結局車で走行する方が増え、税収増につながると考えます。(男性:30代)

欧州では古い車を大事に乗っている文化があるのに、日本では古い車を大事に乗ることは悪であるような税制になっている。古いものを大事に乗るのがエコでない日本の税制はおかしいのではないか。(男性:50代)

自動車は贅沢品ではなく「必需品」であり、過去の税制の見直し等必要だと思います。 これに高い任意保険や強制保険、車検という負担も強いられています。 あまりにも維持費がかかり過ぎます。 若者の車離れもうなづけますね。(男性:50代)

若者の自動車離れが進むのも、車の保有コストが高すぎるのが大きな要因になっているのではないか。(男性:60代)

ガソリン税に消費税課税の二重課税とか長期使用車に対する重課税とか不合理過ぎる。(男性:70代)

車齢で重課されるのは不当ある。製造等にかかったエネルギーを有効利用しているのだから逆に減税するのが妥当である。 また、燃費基準での課税は実際の走り方によって差が出るので不公平である。燃費を課税根拠にするのであればガソリンの方に根拠をもたせればガソリン使用量(燃費)に応じての課税になり公平性がでるのでそうすべきである。(男性:40代)

車を大事に長く載っている為に税率が高くなるのはおかしい。環境問題を軸に考えているのであれば、走行距離で税率を変えるべきである。(男性:50代)

自動車の維持に掛かる費用はわかりやすくするべきであり、その用途も道路の整備・修復・維持に優先的に使われる方がいい。 税金の上にさらに消費税というのは意味がわからない。 都心でも駐車場代が高い分、税率が上がると負担が大きいのです。 (女性:40代)

過重な税負担は、高速道路利用料を含めて物流コストの上昇と地域の交通手段の悪化を増している。(男性:40代)

自動車に係る諸税が多すぎ(税金のダブル納付)諸外国並みにスッキリさせ、納得できる税制に早急に見直しすべきである。(男性:70代)

自動車には色々な名目で徴収されているが使途が見えなさすぎる。実際はどのようになっているのかよく分からないため負担に否定的になってしまいます。 特に長期保有車への自動車税の重課されていた事をここで知り驚いています。納得ができません。(女性:40代)

少なくとも二重課税は解消すべきだと思います。なぜ税金に税金がかかるのか理解できません。(男性:40代)

自動車の維持費だけでもかなりな負担感があるのに、これ以上の自動車税の増税があれば、特に若い人の自動車離れが進み、結果的に税収入の減収になると思う。(男性:60代)

とにかく二重、三重の税はかけ過ぎ。 特に取得税にさらに消費税までとるのは とんでもないことだ。(男性:60代)

子供が小さい家庭や地方など必要とする所得低い人が車を持てず、一部の裕福な人間が嗜好品のように持つようなものになっていることが大変残念です。 財源の確保も不必要とは言いませんが、今ある財源の中でやりくりすることも必要ではないでしょうか。(男性:20代)

この車が好きで10年以上乗っているのに、12年目以降に税金がupされるのが納得出来ません。 (男性:50代)

古い車両の重量税加算が納得できない。(男性:40代)

ガソリン入れるときも、揮発油税と消費税の二重課税を行っているので即刻廃止すべきです。 揮発油税を取るなら消費税は課税すべきでは無いと思う。(男性:30代)

JAFが音頭をとって、公平な課税にむけ頑張っていただきたい。(男性:50代)

経済を活性化させる気があるのなら、国は自動車ユーザーが増える方法を真剣に考えても良いと思う。 今の税制では自動車ユーザーを減らす一方なので、若年層の自動車離れを防ぐためにも、維持費となる税金を減らすことが最重要課題であると思う。(男性:30代)

古い自動車に対して、増税処置を行うということは、物を大事にするということの逆をいっている。(男性:50代)

税金負担が過重であり、なおかつ消費税の課税根拠が納得出来ない。(男性:60代)

自動車の維持費が高く、自動車の所有によるメリットが感じられず購入や買い替えが進まない 日本の産業として発展させるなら、自動車を購入/保有しやすくするべき(男性:30代)

未だ、贅沢税のような内容が納得出来ない。 時代に則した税制にすべきだ。(男性:40代)

税金の金額は、走行距離に応じて課税すべきであると思います。(男性:40代)

納得のいく理由があれば保有者としての義務なので素直に払いますが、現状、課税根拠等、不明瞭なものが多いため、正直、支払いたくありません。(男性:50代)

自動車税は、一般財源ではなく、道路の整備財源でもなく、自動車を保有する必要のない社会を作るための財源として使われるべき。それであれば増税も止むを得ないと思う。(男性:40代)

道路への負荷は、車重×走行距離に依存するので、重量課税は、走行距離が分かる車検ないし譲渡毎に課税すべき。 環境負荷は、燃油消費に依存するので給油毎にすべき。 その他の一切の自動車税は廃止すべし。(男性:40代)

車を購入するのに、多額の税金を払い、その後所持しているだけで、毎年税金を払い、使用する度にガソリン等に対し、税金を払い続けるのは納得がいきません。使用者に税負担をかけ過ぎだと思います。(女性:60代)

自動車は奢侈品ではなく生活必需品となって人々の移動・運搬を担い、さらに高齢化社会でさらに有用性を増していく。産業界でも航空・海運・鉄道と一体で物流の重要部分を担う。人・モノの流通に関する環境問題や社会インフラを総合的に構築・維持していく中で自動車税制を考えていくことが必要。(男性:60代)

何でも理由をつけて、取れるものは取るって感じなので若い世代の自動車離れが進んでるような気がする。(女性:50代)

13年経過した車の税負担増は納得いかない。国がものを大切にすることを制限するとはおかしい。車の所有を否定してどこが楽しいのか。(男性:50代)

長年大事に乗ってる車に重課されるのは納得いかない。(男性:50代)

少しでも負担を減らしてほしい。(男性:30代)

ガソリンに消費税がかかる訳だから、ガソリン税は廃止すべき。(すぐに出来る筈) 軽自動車税と普通車自動車税に、開きが有り過ぎる。(男性:40代)

車齢が進んだからといって税率が高くなるのは納得できない。年寄りに税の負担を強いるようなものだ(男性:50代)

環境への配慮や対策の程度で税率を変えるのは理解できるが、単純にある年数をこえたから増税とという発想は全くナンセンス。(男性:50代)

自動車に関する税の種類が多いため、それだけでもユーザにとっては負担感が大きい。税の公平な負担という観点から、必要不可欠な税のあり方について検討し、より妥当な税制を実施していただきたい。(男性:40代)

自動車には税金が掛かり過ぎ。JAFは、自動車ユーザーを代表して、政府に厳しく抗議すべし。(男性:50代)

長い間大事に乗っている車の方がよっぽどエコ(無駄に消費しない)だと思うので、13年以上の経過車を逆に減税すべきだと思う。(男性:60代)

ガソリン税は即刻廃止して消費税のみの課税とすべきである。(男性:60代)

ガソリン税が高すぎる。(男性:40代)