鳥取県

必要があり、車を使用している。 そこに無理矢理税を賦課しているのが現状である。 利用者にわかりやすい税制の説明と、税金がどこにどれだけ車社会発展のために使われているかを説明すべきである。(男性:70代)

これだけ課税する側から都合よくむしりとられている対象もないだろうと思います。 それは、ひとえに業界団体的な役割を担うような団体の力がないからだと思っています。 もしも、そのような役割ができそうなところを一つ挙げろといえばやはりJAFさんしかいないと思います。 是非、この取り組みを大きく前に進めてください。(男性:40代)

地方は議員定数も減らすのに、税金はしっかり取るとは、地方切り捨てに拍車がかかっている。 税金が大企業に優しく、庶民に厳しいのは問題。 長年約束を破ってきた。消費税増税時にも約束を破るのが目に見えている。 本当に環境に優しい車は、長く丁寧に使う人の車だと思う。新車のほうが税金が安いのはおかしい。(男性:30代)

自動車税が高すぎる。他の先進国並みの水準に変えるべき。(男性:40代)

軽四を含め自家用車を保有しないと生活が成り立たない地方では、2重課税を含め税負担はすざましいものがある。国民は都市部だけに生活しているのではない。地方は携帯と同じで1人1台保有が当たり前である。(男性:50代)

環境に配慮という美しい言葉で「モノを大切に」する思想を捨てている。・地方に住む者にとって、車は必需品です。公共交通機関の整備された「都市の論理」で決めるのは間違いです。(男性:60代)

税金は受益負担が原則で、根本的に見直すべきだと思います。とり易い所からとるでは不公平そのものです。また、公共交通機関が充実する都市部と違い、地方は自動車がないと仕事にも行けない状況です。そういう意味でも、現行税制は不公平だと思います。地方で自動車は必要経費です。 政治家の方、高い給料を払っているのですからきちんと検討してほしいです。(男性:40代)

燃費の良い車の税金を優遇するとアピールしているが、マニュアル車でも運転技術で燃費は向上することができる。車を普段、運転しない国会議員に燃費のことを言われたくない。それより「アクセルとブレーキを踏み間違えた」事故をよく考えてみてほしい。事故はオートマ車ばかりでマニュアル車では聞いたことがない。燃費より安全を第一に考えて下さい。(男性:60代)

交通事情に差があり不便な地方にはマイカーが必要であり、地方の税率を下げることを希望する。(男性:60代)

具体性ある理解できる目的税なら、多少の負担はやむ得ない。公平性にも重点を置くべき。自動車税と軽自動車税の差はよくわからない、同様にすべきもの。(女性:50代)

生活する為に車が必要な人から税金を取るのはおかしいと思います。 (男性:40代)

何重にも税が課せられている。目的等を明らかにし整理すべき。(男性:50代)

十分な整備を行って長く大事に使用している車にも、13年を経過したからと言って一律に自動車税を重課するのは納得いかない。主に環境のためということで始まったと思うが、大事に長く乗る方が新たに車を作るより環境に良いのでは?。ガソリン税の二重課税を含めて強い憤りを感じている。(男性:40代)

自動車税制の事だけではなく、税制についてもっと国民説明責任してから増税するべきだ。(男性:50代)

自動車関係税が地方公共団体の基幹税のひとつであることは理解しているが、本来の課税目的と現状の使われ方にミスマッチが生じているので、中央政府において総合的に税制見直しを行うべきと考える。(男性:30代)

道路整備が遅れている地方部で優先的に使用できるように制度を変えてほしい。 高度経済成長期に有力議員がいた一部の地方と、都市部ばかりが道路整備の利益を受けて、税の公平性と利便の公平性が一律となっていない。(男性:30代)

地方は、公共交通機関がないに等しいから自動車は、足であり、ぜいたく品ではありません。課税は最小限にすべきであり、財源は自動車ではなく、他の方法で考えるべきである。(男性:60代)

都会でお金持ちの人が車を持つことと違い、地方では公共交通機関が発達しておらず、車がないと生活できない状態であるのに、維持するのに非常にお金がかかる。車を持つために働いているのかと思うくらいであり、特にガソリンは入れないわけにはいかず、ガソリンにかかる重税は即刻やめてもらいたい。(女性:20代)

交通手段(電車バスなどの本数少ない、間隔一時間に一本、終電の時間早いなど)が整っていない地方には、本当につらい都会は雪などあまり降らないが、燃費など悪くなるのでガソリンなどで課税されると生活がきつくなる。 (男性:40代)

高い車齢ユーザーへの加重課税が行われている。アイドリングストップなどエコ技術が進む一方で、古い車はスクラップし新車への買い替え気運を促しこそすれ喜ぶユーザーはいない。使い捨て気運を高め本来あるべき「物を大切に」するという考えとは逆行していると感じる。エコノミーのエコではなく、エコロジーのエコであって欲しいものです。   (男性:50代)

地方の高齢者には必要不可欠な足であり、 税の重複には非常に腹立たしく思います。 軽減策を進めてもらいたいと説にお願い致します。(男性:70代)

公共交通網が未熟な地域での生活は、自動車は必需品である。都会のように、交通網が発達している地区と同等に考えること自体矛盾している。受益者が負担するという考えは、車においては間違っている。(男性:60代)

消費税における2重課税状況は改革すべき。 燃料 ・自動車購入時の自動車税と消費税同時課税。(男性:50代)

車がないと仕事が出来ません。それにアベノミクスの効果も全くなく、給料は減る一方です。そういう中で消費税は上がり、ガソリン代は上がり、苦しくなるばかりです。今の状況では車を維持するだけで精一杯で、買い替える事も出来ません。税制面だけでも何とかしてほしいと思います。(男性:40代)

田舎は車がなければ生活できません。通勤も出来ません。生活が苦しいです。軽減を考えていただきたい。物を大切にしなさいと育てられました。車を簡単に買い換えられるほど豊な生活をしていません。車を長く大切に乗ると税金をたくさん納めなければなりません。納得できません。何とかして下さい。(男性:50代)

自動車は地方では普段の生活、仕事にも必要な割合を占めていますが、保有する事によって年間の税金の割合も多く、車検などを合わせると苦しい状態です。税金の重複や一家庭に複数保有している場合割引など軽減措置もあってもいいと思います。(女性:40代)

使用目的不明の税金は、廃止するべき。(男性:40代)

本来の税金の徴収、税金の使い方で有るべきです。(男性:50代)

排気量による、こまめな設定の必要性と 電気自動車等の排気量のない車に対しての妥当な自動車税制を別途検討すべきではないか ?(男性:50代)

公共交通機関が発達していない地方に対しては生きていくことに対して自動車が欠かせない。(男性:40代)

地球環境を考えるとしょうがないので、もっと課税するべき。(男性:40代)

税金の種類が多すぎて解り易いように簡素化すべきだ。(男性:60代)

地方であれば自動車は必需品となりますが、高級車は別と考えます。贅沢品に課税はわかりますが、一般市民には優しくして頂きたいです。(女性:40代)

公共交通機関が無い地域には、生活必需品なので税負担が公共交通機関が整備されているところに所有する車とは区別して税負担をすべき。選挙の有権者数の逆の割合にしてはどうか。(男性:60代)

私たちが納めている税金で、もっと便利な道路を造って欲しい。(男性:30代)

自動車がないと生活がなりたたないところでは負担が多い。交通の選択肢ができないところは軽減すべきと考える。 また若者の自動車離れに拍車がかかる。もっと車を楽しむべきものと考えます。(男性:50代)

地方在住者にとっては車不可欠なものです。そこへ税金上乗せ等々は納得いきません。(男性:60代)