富山県

地方では、低所得者でも自動車がなければ生活に支障をきたします。 自動車に係る過重な税金は、弱い者いじめになるので考えてもらいたい。 (男性:40代)

走った分だけ税金かかるようにするのが基本。古い車の自動車税を割増にするのは納得出来ない。歴史のある名車は税金を軽減すべき。(男性:70代)

自動車税自体が高過ぎる。 地方では特に自動車が生活の道具となっており嗜好品では無い。 特に地方では税率の引き上げがされた軽自動車や古い車を維持して乗っている方が多い。 税率を上げてまで新車の軽減措置の不足分を転嫁している様にしか見えない。 新旧問わず一律に税額を負担する様にして欲しい。(男性:60代)

自動車税の使い道が不透明。もっと明確にして国民に知らせることが大事。(男性:60代)

新たに検討している環境税に関して、なぜ自動車に限り課税を検討するのか理由がわからない。 環境に関して(CO2やSOx、NOx)ならば、 自動車に限定することなく、広く原油の段階で課税するのならその根拠がわかるが、 自動車のみ課税するのであれば、明らかに 既存税の付け替えにしかない。 (男性:20代)

古いけれど大切に乗っている車に重課されるのは納得いかない。ころころ乗り換えるより、よほど環境に優しいと思う。(男性:40代)

現在の税制ではただエコカーに乗っているだけで減税されると言う意味のわからないものである エコカーに乗って非エコな運転をしている人と、ちょっと古い車でエコな運転をしている人とで、どちらが本当にエコなのか 自動車税や重量税を廃止し、ガソリンのみに課税すれば、運転のうまい人が得をして、みんなエコな運転になると思う(男性:20代)

特に重課について、物を大切にするという生活の考え方から強く反対します。むしろ大切に使っているということで税を軽減するのが本来ではないかと考えます。大量生産大量消費時代を背景とした税制ではなく、低成長環境負担を考えた自動車税制を望みます。(男性:30代)

 自動車に纏わる税金は高すぎます。車検時でも結構かかりますので、本来重量税はハイブリッドなど関係なく課税すべき。ハイブリッドなどの環境車に優遇するのは何か違いますね。 自動車税も同じ課税が妥当です。ヨーロッパでは、ハイブリッドは環境車ではありませんので。(男性:50代)

地方では、公共交通網が発達していなく、自動車が必需品であり又高齢社会に突入しようとしている現代社会、地方の自動車に関する税等、国としてどのように対応していくのか、少しのことでも救急車に頼らなければならないのか、・・・(男性:60代)

自動車税制に限らず、税金が、納得出来る所に使われているなら良いが、ムダが多すぎる。(男性:50代)

いつも思うが、なんだかんだで加算税をとられている。とにかく税制が不明瞭である。もっとはっきりとした形でないと納得できない。(女性:40代)

必要があるから自動車を所有し、利用しているのであって、特に交通手段の選択が多彩であれば複数台の所有はしない。そのための経費として課税すること自体が不公平だと考えます。地域の実情・事情を十分に考慮して相応の代替案を検討してほしい。(男性:70代)

毎年の普通車の自動車税はかなり負担に感じるので、せめて軽自動車と同程度の税負担にしてほしい。(女性:30代)

来年度から軽4輪自動車で税率が14年以上経過していると、大幅アップされるとの事。なんでか解らない。普通車に比べたら燃費も良いし、利便性があるし、く駐車場も小さくて良いし他いろいろと良いところがいっぱいある。地方税に貢献したくない。クラッシックカーマニアには迷惑な話だ。(男性:60代)

軽自動車と排気量1500cc未満の車両は重量税等は同率とした方が良い。軽自動車はもう少しさらに引き上げ、1500cc未満自動車は現行より引き下げてもらいたい。(女性:40代)

自動車は高級品ではなく、もはや生活必需品。税負担は軽減されてしかるべき。(男性:40代)

13年を経過した車に対し重課されるのは、新車の購入を促進するための措置であると推測されますが、本来は可能な限り乗ることがエコにつながるのではないかと思います。(女性:30代)

税の二重課税には絶対反対。自動車ユーザーへの重い負担もたまらないが、せめて二重課税は即刻廃止すべき。税収不足は別の方法で考えるべき。(男性:50代)

13年重課の根拠が不明。昨今の車が13年で今と比べ極端に見劣りするとは考えにくい。コロコロ買い換えることと持ち続けることの比較も無しに納得は出来ない。(男性:30代)

後期高齢者です。 最寄りのバス停まで徒歩30分以上かかる場所に住んでおり、毎日の買い物や通院に自動車は必要です。減額の続く年金 増える健康保険や各種負担金は官公庁に働く方々が考え出した、自分たちの収入源ですね。地方に住む年寄りにとって自動車は決してぜいたく品ではありません、必需品です。目的のなくなった税金は速やかに廃止するべきです。(男性:60代)

新車登録後13年以上で重課されるなんて、何の根拠があって重課されるかわからない、13年経った車がなぜ、重課されなきゃいけないのかわからない。以前乗っていた車は、13年、20万k走っていて、燃費は、長距離ドライブ(高速)で12〜13K/L、街乗りで10K/Lでした。13年たった車に重課されるわけはなんでしょう。(男性:50代)

財源確保のためのつじつま合わせの課税が多い。  平易な課税体系に見直すべき(男性:50代)

自動車取得税や重量税が道路整備等の財源に当てられていた との事ですが、都会より地方の保有率が高いのに地方の道路が良く成らない気がします。何故? 降雪地に住む者に取って、冬の除雪とスノータイヤはつきものですが、そうじゃない地域に住む人と税金が同じなのは何故? 以前から、不思議で納得出来ない!(男性:60代)

政府・与党はユーザーの負担軽減に取り組むべし(男性:50代)

自動車税は一世帯当たり一台分のみ負担するようにしてほしいです。(男性:50代)

路線バスなど公共の便の充実度で税率に格差を。(男性:80歳以上)

少なくとも先進国のドイツ並まで下げるべきであろう!(男性:80歳以上)

もっと国民的大運動にすべき(男性:60代)

地方は公共交通が確立してないため年齢に関係なく自動車が交通手段で一戸当たりの保有台数も多い。過重な税負担の脱却こそ地方再生の最重要課題である。(男性:60代)

現在の自動車に関する税は、目的税の趣旨から外れているばかりか、ガソリンの2重課税のように、矛盾している税の見本市のようになっている。 少なくとも、恒久的に一般財源化するのなら、抜本的な見直しを始めるべきだと思う。(男性:40代)

日本はいくら資源が少ないからと言って、国民から重課税を徴収し過ぎているのが現状である これは時代劇に出てくる悪代官のやり口となんら、変わらないと思う。諸外国と同じ資源や国家としての財源の取組に怠慢を感じます。(男性:40代)

もっと分かりやすく国民に説明してほしい(女性:40代)

公共の鉄道やバスが、発達、利便性の都市は、地方の車が無ければ暮らせない地区の自動車に掛かる税金全て補って欲しい。(男性:50代)

不公平で不満の多い無駄な税金は即刻廃止すべきだ!(男性:50代)

名目の無い税が多すぎる高齢者や障害者の方々の中には車が無いと生活出来ない方もいらっしゃいます。取り易い所から役人の作文で税を決めて行くのでなく生活に根差して納得の出来る税制にして欲しい(男性:60代)

古い車にすごく重税の税金かけて買い替えを促しているが、それはエコでもなんでもない(男性:40代)

新車新規登録から13年を経過した自家用乗用車の重課税に反対、良いものを長く使い続けることを阻止する税である。むしろ軽減すべきであろう。(男性:70代)

簡単に取りやすいところからの根拠があいまな課税には反対である。安い維持費で車を必要としている人は、大勢いるのだから。(男性:60代)

暫定税率は即刻、本則税率に戻すべき。 現状よりは重くなって欲しくないが、余剰する場合は、道路の新設ではなく、維持管理の向上に振り向けるべき。リサイクル含めて、技術革新に努めて欲しい。(男性:40代)

自動車、ガソリン共に2重、3重の税がかけられているので、1つにしてほしい。(男性:50代)

年金生活では車の買い替えが容易でない。よって走行距離は短いが使用年数が長くなっているので負担を軽減してほしい。(女性:60代)

年金生活者になってみて、各種税金の多さ及び大きさにびっくりしています。生活していくには、自家用車は必要であり、自動車税は、大変負担になっています。乗り換えの時期もまじかになり、大変悩んでおります。(男性:60代)

自動車取得や維持に過大な負担がありまた 地方では車が生命生活に欠かせないのに重税を放置するのは憲法違反と憤慨します。(男性:50代)

自動車税 我々庶民にとっては高すぎる。 我々の住む地方では、公共機関がそれほど充実しておらず、自家用車の保有率、使用率ともに高くなっている。自動車税が安くなれば生活が楽になる。(男性:50代)

自動車の税金は少ないに越したことない(男性:40代)

地方では、車がないと生活出来ないにもきわらず過重とも言える税負担をさせるのは政府の方針である地方創世に反している。また、ガソリンなど金額に既に税金が含まれている金額に消費税を取るのは絶対止めて欲しい。(男性:50代)

地方では、車がないと仕事もできず、病院にも行けない。自動車関連税は、結果として地方無視ではと思う。(男性:50代)