和歌山県

排気量に対する課税は、ハイブリッド・燃料電池・ダウンサイジングターボ等、現在の自動車事情には合わなくなってきているため、総出力に対する課税に変更すべき。(男性:60代)

ガソリン税にも消費税二重課税はおかしいと思う。 車に税金掛けすぎのように思うこれだけ税金払えば、JAFも税金で賄われないのだろうか? 社会福祉があるように、自動車社会にも高齢者が増えれば、利用が増えていくのではないだろうか?(男性:70代)

国民は国から言われたこと、素直に受け入れているが、税金の使われかたが、業界がもっと、税の削減、廃止に動いて欲しい。(男性:50代)

暫定税率に期限を決めていないのは役人の怠慢である。 また、根拠の無い(失われた)税金は廃止するのは当然であり、名称を変えて残すのは反対である。 自動車は何のために必要なのかを考えると課せる税金と課せない税金の判断が出来ると思います。 税金を課す場合には何をもって公平とするのかもっと考えてほしいです。(男性:40代)

軽自動車税については、この前の引き上げに賛成。正直なところいままで安すぎた。 但し、税金を上げるのなら排気量や規格も変更すべきだ。排気量800cc位にして、燃費を向上させる努力をすれば、環境対策にもなる。 (男性:60代)

如何なる税にも言える事だが、安易な考えでの課税が多すぎる。安易であるが故に、自体に矛盾を生じてしまう。 一般財源化された時点で、二重三重と幾重にも課税徴収されているこの事態を何とかして頂きたいものである。 (男性:30代)

自動車やガソリン税について今まで詳しく知りませんでした。税金は全く必要ないとは思いませんが、もう少し引き下げることによって、今の社会が潤う部分が出てくるように感じます。(女性:50代)

田舎に住んでいるので車がないと生活できません。本当に税金の高さには腹が立ちます。(女性:50代)

地方に住んでいるので自動車は生活必需品であるので、現行の多種の税金には大反対です。なんとか軽減してもらいたいものです。(男性:60代)

車を所有しやすくなれば、アフターパーツなどの市場が盛り上がる、休日の外出も増えると思う。(男性:30代)

自分で稼いだお金で車を買っているのに、二重課税だ!!(男性:70代)

自動車税は年々高くなっているので、若者の自動車離れに拍車をかけている。ただ国の財源を考えれば、税負担は仕方のないことだと思うが、もう少し税の取り方を考えていってほしいように思う(女性:50代)

自動車税は地方税として考えるべき。(男性:60代)

殆ど車に乗らない人と、よく乗る人とで、保険と同じように走行距離などで税金額を決めてくれたらいいのにと思います。(女性:40代)

消費税が上がると、生活が苦しくなるのは目に見えています。自動車税も大きな負担です。国民の生活を苦しめるのは反対です。(男性:50代)

これが「重税だけど老後は貯金無くても暮らせるよ」というものなら、喜んで払う人も増えるんでしょうけど。還元された感のない増税は、老後の不安をあおるだけ。(女性:40代)

自動車の保有に対し、重複負担や過重負担が多すぎる。特に一般財源化は全く課税根拠のないもので、特定財源化するか、税を廃止するのが本来の姿である。 特に公共交通機関の少ない地方在住者にとって必需品である車の負担が大きいことは、税の不公平というべきである。(男性:60代)

すべての自動車関連税を即刻に廃止すべき。(男性:20代)

税金に税金をかけるいわゆる重課はそもそも許されているのでしょうか。(男性:50代)

もともと道路の整備として使う目的だったのが、一般財源化した時点で納得いかなかった。 これまでのアンケートで、改めて怒りを覚える。(女性:40代)

自動車が無いと生活出来ない地方には、自動車税や、ガソリン税をもっと軽減すべきである。(女性:60代)

軽自動車に対するすべての軽減処置は廃止すべき。(男性:60代)

各税にあるがままに支払っているが、今回のアンケートで、自動車税についてかなり重課であることがわかりました。少しでも軽減させることができればと願います。(男性:50代)

国は税金の取りやすいところからだけ取っている。もっと国が努力して税負担が公平になるようにしなけれがならない。(男性:50代)

全ての税について詳細が、あいまいであり、きちんと目的別に使用されるているかを「監視・報告等」出来る第三者委員会(JAFさんなど)的な活動が必要となっているのではないでしょうか。(男性:60代)

既得権は手放さない、という役人特有の考えで行政が行われている。 役人も政治家も国民の為に政治をしているのではなく、自分の為に政治をしている。 根本的に間違っている。(男性:60代)

道路等のメンテナンスから必要経費として 自動車利用者からの支出(負担)は、利用者の義務と思いますが、その収支バランスが不透明な部分が有り、いま以上に納税対象者はもちろん国民全体に税制の説明告知が望まれる。(男性:60代)

お金があればハイブリット等の新車に乗りたいと思っているユーザーが多いと思いますが皆金銭面で中古車や軽自動車にのっていると思う、又地方では公共の交通機関が不便の為、車は必需品、今の税制はお金持ち優遇だと思う、古い車を大切に乗る事も大事だと思う。(男性:60代)

税金の使用用途は自動車ユーザーには伝わらない。道路の管理や整備に必ず使用してもらって日々の暮らしが安全であればいいと思うのだが。 税金をかければいいという安易な考えは避けてもらいたい。 (女性:50代)

軽自動車のあり方が近年様変わりしており、普通自動車との税額の差があまりにまだ大きい。もっと平準化させてほしい。 どちらにしろ、取りやすいところから取るという発想は、もうやめてもらいたいものである。(男性:60代)

収入が増えている実感がない中で自動車に限らず税金の負担が大きくなるのは非常に不満である。(男性:50代)

日本の輸出の根幹になっている自動車産業国なのに足元の国内でこのような足かせが多いのは理不尽であり自動車大国と言われるアメリカを何かと見習っているのに自動車税に関しても同じようにすればいいと思います(男性:50代)

自動車税制内での見直しには限界がありそうなので、よりその他の税制と総合的に検討してほしいと考えます。(男性:30代)

自動車関連の税金は自動車関連の事業や環境保護などに使って欲しいと思う。(男性:50代)

消費税との二重税が酷すぎ。暫定が暫定じゃなくなってるし、廃止しても名称変更で復活してるんじゃ意味がない。国民をバカにしすぎ。地方に活力をと、言うのなら公共交通機関が少ない地方を虐める様な税金は即刻廃止すべき。国民が減少するなか税負担を求めるより、都会だけが便利になる公共事業を辞め、無駄遣いを無くす事に力を注ぐべき。(男性:40代)

低所得者が、買い替え費用が大変又は浪費を抑え、使用を控えガソリンの消費お抑え生活費にと、物持ち良く新車新規登録から13年を経過した自家用乗用車を使用:なで貧困いじめ、新車購入出来る金持ちを優遇するのか?(男性:70代)

軽四輪車は、底辺の庶民が利用する車で重課を課す税改正には絶対反対。まして、13年を超える車両への増税は、買い替え出来ない所得層が多いことを考えると、政策として絶対おかしい。ガソリン税でも納税しており、自動車税の増税は絶対反対。 田舎では公共交通の便が悪く車は生活必需品なので、増税どころか反対に優遇措置を考えなければならないと思うが?(男性:60代)

自動車税制は受益者負担の観点からやむを得ない部分もあるが、偏重して過大な負担を強いられている。 保有しているだけでも重い負担となる税制は早期に解消し、走行距離等に比例した税負担を求めるなど更に分かりやすい税制に改定すべきであると考える。(男性:50代)

最近の道路(舗装路)は、非常に悪路であり、センターラインや交差点・横断歩道等の塗装が至る所で消えていて、夜間や雨天時には非常に危険。税金はどこに消えているのか。?(男性:70代)

計画性の無い税制度を何とかしてほしい。 必要なら仕方がないが、工夫が見当たらないと感じられます。(男性:40代)

いい加減すぎるような気がする。(女性:40代)

Tax on Taxになっているものもあり、本来の目的に使われてないものもあるので、自動車ユーザーだけでなく、国民が平等にふたんしなければいけない税金もある。また税金が国会議員によりジャジャ漏れの無駄遣いとなっている。(男性:50代)

ガソリンなど税の二重課税に重税感がある。(女性:70代)

兎に角、取りやすいところから取ると言う考え方から変えて貰わないと、おかしすぎる。(男性:60代)

自動車税の負担方法を考えるべき。(男性:50代)

自動車税など廃止せよ。(男性:40代)

購入するにあたって、ローンなのに、車検に税金等諸費用、燃料費、仕方ないとはいえ、給料が上がらない今、一般家庭には、かなり負担です。 無理だろうが、どないかしてほしいし、反対に下げて欲しい。そういう話は、一度でもあったのであろうか?上がるばかりで、いやになります。(女性:30代)

期限が来ても対応されずそのまま継続の課税に対しては、流れのままにせず、明確に区切るべき。時代の流れに沿った税制に都度変更していくべき。(男性:40代)

自家用自動車に税負担が偏っている。公平に負担するよう制度設計を見直すべき。(男性:40代)

軽自動車の規格と優遇税制を廃止し、エンジンの排気量や燃費で課税するように抜本的に現行の課税制度を見直すべきである。 そのほうが、小さい自動車の国際競争力も増すと思う。(男性:50代)