山口県

とにかく地方にばかり税の負担が多くなっている。燃量の税金がづ得れば、輸送コストが増える為、直接消費者に跳ね返る。(女性:70代)

自動車重量税ですが、今乗ってる車が好きなので、長く乗りたいと思っているのですが、重量税が高くなるので、新しく変えかえるには、低所得者には大きな負担です。 リタイアするしかないのでしょうか。(女性:40代)

二重課税と一般財源には断固反対です。(男性:50代)

納税には反対ではないが、取れるところから取ればよいという安易な課税には矛盾を感じる。(男性:60代)

自動車を保有すると、9つの税金がかかります。 課税負担が大き過ぎます。何点かの税金は不要です。是非、減税を願います。(男性:50代)

二重課税は、おかしい。 石油にかかる税金も多すぎる。(男性:60代)

二輪車は道路への負担も少ないのでもっと優遇されていいと思う。 古いものに対しての税金が高すぎる、環境にたいしてだと排気ガスは問題になるが乗り続けるということはゴミ問題には貢献している。(男性:50代)

地方は車が必要なので安くして欲しい。(男性:40代)

自動車税の負担が苦しいので普通車から軽自動車に変えましたが、軽自動車の税も上がると聞き、困っています。 地方のため自動車がないと通勤できません。食料品の税を減らすという考え方がありますが、地方においては自動車も食料品と同じように必需品であることを都会にいる方も理解してほしいです。(女性:30代)

細かいところにたくさんの税がかかりすぎ。 大きくまとめてほしい。 あと、税をかけすぎると車を購入する人が減る。 ただでさえ、少子化で人口が減ってるのに。(女性:40代)

自家用車がなければ生活できない地域については 税金の課金を軽減すべきだと思います。(生活必需品)(男性:70代)

自動車に税金を掛けすぎです。(男性:60代)

国産の車の税金を減らすか廃止にして、国外の車の税金を大幅に上げればいいと思う。(男性:40代)

分かりにくくし、税金を取ろうとしている感じがする。(男性:20代)

JAFには、取れるところから分からないように取るという役人に騙されないように、啓蒙活動を継続していただきたい。(男性:60代)

物を大事に長く使うことを許さない理不尽な税制とその施行者に強く怒りを感じます。(男性:60代)

自動車税はとにかく高く、家計の負担大。(男性:40代)

車の保険料もいるしで負担が大きいすぎる。(女性:20代)

自動車税として徴収するならば、その目的の為にのみ使用すべき。他のことには絶対に使用しないこと。(男性:60代)

根拠が無くなった税は、廃止し、別途必要であれば根拠を持った税を新設すべきだ。(男性:70代)

車齢13年の課税が続けば自動車メーカーは長く大切に乗り続けたい魅力ある車を開発しなくなりますよね。(男性:50代)

取りやすい所から税を取る政策・・・ 短絡的に税を考えず゛納得のいく審議をしてから施行してほしい。 車が必要な地域の事、どうしても複数の車が必要な人・・諸事情を勘案してほしい。(男性:60代)

山口県に住んでいます。軽自動車は必需品。そしてもともと「エコカー」です。税負担は理不尽です。災害などのリスクのごく少ない国内有数の場所なのに、これでは「住みよさ」がありません。自動車重量税の廃止を強く望みます。(女性:40代)

税制が変更されると。庶民には改悪となり、負担が増えるように思っています。 しかし、道路維持などで、要るものは要るので、ていねいで、具体的、納得できる説明をして欲しい。(男性:60代)

地方では車は必需品であり、都会では交通機関が充実し、ある程度の収入がある人たちが必要もなく所有しているように思えます。地方では低負担、都会では高負担にすべき。一般的に大衆車と呼ばれる車より高額な車は税負担率を上げていく。また、環境性能の高い高額な車を買える”余裕の有る”人(会社)には高負担にすべき。(男性:60代)

折角税を集めても地方の道路の傷みは解消されていない。高速道路に於いても都市部優先で、地方はアスファルトがめくれたままになっている。これでは、地方の税に対する不満が残るのは必然ではないか。(男性:40代)

一般財源でなく道路整備などの目的税として使用するべき。(男性:60代)

全く理不尽この上ない。課税根拠のないもの、重課するもの、税の上乗せ等々と本当にふざけるな!と言いたい。若者の車離れなど、車を持てない社会になりつつあり、特に地方は大変です。車に関係する各団体も企業も、もっと真剣に考えていただきたいし、もっと声を大きくして頂きたい。JAFさんのこうしたアンケート等による拡声に期待いたします。(男性:50代)

自動車に関する税金は一つにまとべるべきである。(男性:70代)

二重課税は、税の基本理念に反するもので、根本から見すべき。(男性:60代)

使いみちが明確でない税は、やめるべきです。(男性:70代)

13年以上大切に乗っててエコなはず 古い車の重課は納得いかない(男性:50代)

サラリーマンの源泉徴収と同じで、取りやすいシステムのところから取っている。 税金は下げなくても良いから、もっと道路の維持管理に使うようにしてもらいたい。 一般財源化することに納得できない。現在建設された道路は、寿命が来ており今後どんどん道路(橋梁)の破損が増加し、交通マヒが起きると思われる。(男性:60代)

地方では公共交通機関が発達していないのだから、自動車への税は都会より軽減すべき。(男性:50代)

所得の低い人にはかなりの負担、又、若者の自動車所有意欲を無くさせる原因にもなっている。(男性:40代)

税の種類は多いすぎ、簡単にして、分かりやすいように。(男性:50代)

社会福祉関係の予算増等により、財政事情が悪いのは解るが、燃料関係税は除き、自動車のみに関わる税を一般財源にしたのは納得できず。公共交通の利便の良い都市部と地方では違う。地方では自家用車が足である。通行量が少なくても道路を必要としている地域がたくさんある。JAFがんばれ!(男性:60代)

古い車を大切にすることは、本来エコであるはずなのに、非常に冷遇されている。古い車は、ある意味、歴史上の財産でもある。そういう車を大切に乗りたいと思えるような制度にしていただきたい。(男性:50代)

使途を限定するべき。(男性:40代)

何故、自動車だけに色々な税が課されているのか全く理解できない。(男性:60代)

わざとわかりにくくしてごまかしている。本来の目的で使用しているという根拠が出されない限り納得行くものではない。交通機関が満足にあればわざわざ危険な車には乗らないのに満足できない環境にも問題がある。(女性:40代)

これ以上自動車ユーザーに税負担をすれば今後、若者からの車離れが加速して車の販売に支障をきたし、日本経済も揺らぐような気がします。(男性:50代)

優遇税制というのは解るが、古い車の重課は、税制の趣旨にそぐわない。(男性:70代)

田舎では公共交通の便が悪く、通院、買い物等に際しても自家用車に頼らざるを得ない現状にあり、年金生活者にとっては、自家用車に対する税負担が余りにも大きすぎる。高齢化社会に向けてますます生活しにくい社会になっていく。(男性:60代)

古い車には、加算税がかかるのは、不合理。燃費の良い車、新しい車が良いのは当然であるが、昨今の背策では、購入替えをしたくても出来ない生活を送らざるを得ない。低所得者と、高額所得者を同じレベルでみるとますます差別が大きくなる。政治家及び役人は富裕者である。(男性:60代)

税金としての国民に対する負担が、多すぎる。 自動車税、ガソリン税等の負担を軽減しても良いのでは。(男性:50代)

地方の過疎地区の年金生活者は、車が生活の手段である、車がないと生活が出来ないこの点を考慮すべき。(男性:80歳以上)

課税根拠もあやふやで、税制の考え方が税収が減ると困るという一点しかない。よって、自動車関連税制そのものがおかしな状態だ。例えば、自動車が「足」として必要不可欠な地方と交通網が発達している大都市圏で、自動車関連税の税率を変えるなどの配慮は最低限行ってほしい。(男性:30代)

とにかく私どものような一般的な人間に制度も目的も全て含めて分かりづらくしており、ごまかしているとしか言いようがない。(男性:60代)

従来から批判があったにも関わらず、まともに解決策を講じていなかったから、現在のような矛盾に満ちた状態になっている。責任者は誰なのか、まずそこをはっきりさせてほしい。(男性:50代)