山梨県

趣味で古い車両に乗っています。 趣味の車なので走行距離は年間5000km以下です。問10の自動車重量税増についてですが、重量税は道路整備の財源不足補填の為の税ですが、概ね年間走行距離が5000km以上の年式の新しい車両に対し、走行距離が少ない車両を増税するのは如何なものかと。。。(男性:60代)

自動車関連の税制については矛盾だらけなので 見直すべきです!(男性:50代)

公共交通機関が発達していない地方では、自家用自動車は日々の生活における必須移動手段である。このような地域性にも配慮した課税(減免措置)も必要ではないか。 また、石油資源や環境への影響に応じて税額を上げるのはおかしい。(男性:70代)

排気量、自家用、営業関係なく同一自動車税にすべき(男性:50代)

地方では問9のような現状です。 車が無ければ生活が出来ない状況です。 自動車税や燃料税は地方と都会の格差が有ってもしかりです。 税を検討する期間が都会では、そこだけの視点でしか考えないと思います。 政府の決めることは、国民一人ひとりの安全や環境を考えず敬愛優先の方向としか見えません。この件も政府押し切られてしまうと思いますは・・・。(男性:40代)

皆も、お分かりの様に高所得者優遇の感が強く、低所得で旧い車を乗り続けざる負えない者に、重加算を強いるのは、相当な酷であり、趣味的に所持している者と区別が必要ではないのかと考えます。(男性:20代)

車が無い生活などとても出来ませんがとにかく税金がかかり過ぎます。(女性:60代)

とってつけたような税制の項目ばかりで、ただ単に税金を多くとりたいでけ。 消費税を上げることは仕方ないと思うが、わけのわからない自動車関係の税金はもうなくしていいと思う。(男性:50代)

とにかく…家計の負担が大きく痛いです。 (女性:20代)

問いにもあったが、地方では自動車は住民の足であり、必需品である。車及びガソリンにかかる税負担を軽減して、地方活性化を国として取り組むべきであると思います。(男性:60代)

ただ単に、一番取り易いところから取る方法は不公平だと思われる 首都圏と地方の交通手段等の状況は全く異なる 交通手段整備率etc等を検討され、軽減税率 にして欲しい(男性:60代)

一般的に考えて、おかしい税金は、即刻廃止すべき。(男性:40代)

出来れば軽減してほしい。(女性:70代)

排気量による課税ではなく、自動車の車体価格に応じて課税されるべきだと思います。つまり、固定資産税にしてほしい。(男性:40代)

ガソリン車で13年、ディーゼル車11年で年間の自動車税が環境目的のためなのかよくわからない使徒不明の税金を10%も取る意味がよく判らないし、車を長く大切に乗っている人は整備もよくしているし、車を解体して出るCO2の方が、地球にはやさしくないと思います。(男性:60代)

公共機関が少ないので、車がなければ生活が困難。このため、税の軽減を図ってもらいたい。(男性:60代)

地方に住む交通弱者や年金生活者などの生活弱者を大切にした交通行政を求めたい。せめて、自動車税(取得税も)・ガソリン税を大幅に軽減してもらいたいものだ。国会議員の歳費・公務員給与・地方議員の給料を減じることも必要。(男性:60代)

ガソリンが高くなっていますが原産国や元請けやメジャーの思惑があるとも聞いてますが、ガソリンにかかる税率や消費税の2重課税(?)を引き下げることの検討が我々庶民にはなかなか理解できません。(男性:60代)

自動車の13年壁があり、新車にするか長く乗るか判断が難しいです。長くの乗ろうとする人に対して、ものを大切にの精神が書けていると思います。エコかもしれませんがエコだけでよいのでしょうか、考えてもらいたい。(男性:50代)

適当(いいかげん)な理由をつけて 税金の種類を増やしすぎている。(男性:50代)

ガソリン税だけで充分だと思う。燃費の悪いクルマは余分に払うのだし、道路を使う時にもガソリン税を払うのだから。動かしてもいないクルマに一律に同じ税金を課すのは馬鹿げている。(男性:50代)

自動車に関する税金を払っていますが、道路を歩いて見て水たまりが多くそれなりに道路が良くなったとは思えない。廃止すべき税金は速やかに廃止すべきだと思います。(男性:60代)

軽減してほしい。(男性:30代)

私の置かれている状況を基に答えると、自動車が無いと仕事にも、買い物にもいけなくなります。したがって一人1台の自動車が必要となります。賃金も低い地方で余計に費用がかかりその上税負担まで多いのはやり切れません。(男性:50代)

自動車税は車検時に徴収すべきで安くするべきである。(男性:50代)

交通手段が無くやむなく自動車を使用している地方の人には、課税を軽減すべきである。(男性:70代)

自動車は私の生活には欠かせないものです。 足でありますので税金が増えることには反対です。  (女性:50代)

事業用の税金を上げるべきである。(男性:50代)

もう、車関係の税金は道路や、歩道など限定で使用して欲しい。 収入が、低いので現状の古い車しか維持出来ないのに、税金が高くなり、手放しも検討中です。公共交通機関も私鉄で運賃が高過ぎるし本数も少ない。 (男性:40代)

取りやすいところから徴収しようとすることはやめてもらいたい。理屈に合った税制にしてほしい。(男性:60代)

どの分野においても税金というのは高すぎる!(女性:40代)

自動車に関係ある事に使うなら、まだしょうがないと思うがまったく関係ない事に使うのなら自動車使用者ではなく国民全員から徴収するべきだ。(男性:50代)

都会は、公共交通が網羅されてるので、足に不便は感じないと思います。 (収入の多い地域) 六大都市以外の庶民の足は車です、 (収入の少ない地域) これ以上貧乏人から血税を搾り取って 13年たとうが20年たとうが車検でちゃんと整備されてます。 何のために重課するのか? (男性:50代)

道路整備財源として必要な事ではあるがやはり地方の負担が大きくなるのは問題である。又、地方の方々ほど自動車を大事に乗り、10年以上乗っている比率が高くなる。そういう車に対して税金を上げるのは反対です。(男性:50代)

増やさないように、検討対応すべきだ。 (男性:40代)

バブルの頃は大量生産・大量消費と買い替えを進めながら、バブルが弾けた昨今は物を大事にとか、もったいない精神とかいわれ、14年落ちの車に乗っていますが、自動車税を納めるたびに負担率が高いのが不満である。(男性:60代)

自動車に限ったことではないが、我が国は国民が理解していない税金が多すぎます。自動車に関する税金についても、国民の大多数が課税の仕組みや税金の使途をわかっていないと思います。自動車に関する税金は自動車に一本化するなどシンプルにすべきと考えます。(男性:40代)

自動車税制だけでなく全部の税制に言える事だがうやむやが多い。公平性を保つべきだ。 地方が大都市主に東京を支えている(男性:50代)

地方では公共交通網の整備が十分ではなく、乗用車の所有が絶対条件である。また、低所得の世帯も多くあり、そのなかで乗用車を所有しなければならず、長年大事に使っている所有者に対し、古くなったから税金を多く負担しろというのはおかしな話である。重課税並びに税に税を課すなどの理解できない課税は、即刻廃止すべきである。(男性:50代)

とにかく自動車購入時に取得税・重量税・消費税が取られ、ガソリンもまた重複税になっており、税金ばかり取られるのは非常に納得いきません(男性:40代)

今や自動車を持つ事は贅沢ではない。自動車税制を即刻見直すべき。(男性:50代)

自動車に税金が掛かり過ぎている。 自動車行政のみに、税金を使うのであれば 仕方ないと思うが、受益者負担だとしても 道路は歩行者も使うし、いずれにしても根拠が不明確である。(男性:40代)

まず、13年経過した車に増税するということに納得できません。 車がないと生活できない地域にすんでいるので 2台目以上は割引してくれるとか、考えて欲しいです。 毎年先払いというのがおかしすぎる。先払いなのに延滞金が発生するのに納得いかない。(女性:40代)

矛盾していたり根拠がよくわからなかったり、古い体質のままでよろしくない。(男性:40代)

自動車税で道路を直したり、様々な工事をしていると思いますが、年度末の予算消化のための無駄な工事を見ていると、とても腹立たしい思いがします。税金を納めるのは当たり前ですが、有意義に納得できるものに使用して頂きたいです。(男性:50代)

地方で自動車が無いと生活できないのに付け込んで高額な税金を科すことは、公平ではない。(男性:40代)

暫定税率をいつまでも続ける事は愚の骨頂。 一度原点に返りあるべき税率と種類を検討すべき。 取り易い処から取ると言う考えた方は止めたべき。(男性:60代)