JAFの自動車税制改正に関する要望活動

平成21年度の自動車税制

平成21年度予算において、自動車関係諸税は4月1日から以下の通りとなります。

1 平成21年度の自動車税制改正の概要

平成21年度の自動車税制は

  • 平成21年度より道路特定財源を廃止し、一般財源化する。
  • 暫定税率を含む税率のあり方は今後の税制抜本改革時に検討することとし、現行の税率水準を原則維持する。

こととなっており、結果的には税制抜本改革は先送りされ、自動車税制のあり方について充分な検討がなされないまま、暫定税率を維持した税率で一般財源化だけが先行されることになります。

政府は、今後の税制抜本改革の方向性として「自動車関係諸税については、税制の簡素化を図るとともに、厳しい財政事情、環境に与える影響等を踏まえつつ、税制のあり方及び暫定税率を含む税率のあり方を総合的に見直し、負担の軽減を検討する。」としていることから、JAFでは引き続き、自動車関係諸税の簡素化・負担軽減を要望してまいります。

2 平成21年度からの環境性能に優れた自動車の減税概要

平成21年度からの自動車税制改正では、環境性能に優れた自動車の取得・保有に対する自動車取得税・自動車重量税が減免されることとなっています。

平成21年度からの環境性能に優れた自動車の減税概要
(クリックすると拡大します)
平成21年度からのグリーン税制の概要

※平成21年4月1日〜平成24年3月31日までに新車登録した場合のみ適用
※車検時の重量税については平成21年4月1日〜平成24年4月30日までに初回継続車検を受ける場合のみ適用

(例)車両価格180万円、排気量1,400cc、車両重量1.3tの乗用車を購入した場合
  本来の税額 次世代自動車 平成22年度燃費基準値
25%達成車
自動車取得税 81,000円 免除 20,200円
自動車重量税 56,700円 免除 14,100円
合計 137,700円

0円
137,700円のお得!
34,300円
103,400円のお得!

※次世代自動車:電気自動車やプラグインハイブリッド、一定の条件を満たしたハイブリッド自動車など
※上記のほか、翌年度の自動車税が概ね50%軽減されます。

現行のグリーン税制

自動車税

(1) 税率が概ね50%軽減される乗用車

  • 電気自動車
  • 天然ガス自動車
  • 平成17年排出ガス基準値より75%の低減レベルで平成22年度燃費基準+25%達成車

(2) 税率が概ね25%軽減される乗用車

  • 平成17年排出ガス基準値より75%の低減レベルで平成22年度燃費基準+15%または+20%達成車

自動車取得税

(1)自動車取得税の課税標準より30万円控除(自家用は15,000円の減税)される乗用車

  • 平成17年排出ガス基準値より75%の低減レベルで平成22年度燃費基準+25%達成車

(2)自動車取得税の課税標準より15万円控除(自家用は7,500円の減税)される乗用車

  • 平成17年排出ガス基準値より75%の低減レベルで平成22年度燃費基準+15%または+20%達成車

(3)税率が2.7%軽減される乗用車

  • 電気自動車
  • 天然ガス自動車

(4)税率が1.8%軽減される乗用車

  • 平成17年排出ガス基準値より75%の低減レベルでで平成22年度燃費基準を+20%達成しているハイブリッド車

平成21年度からのエコカー減税

平成21年度からは、新車購入時の自動車取得税と自動車重量税、また現在保有している車両の初回継続検査時の自動車重量税が、以下の減免措置となります。

(1) 自動車取得税と自動車重量税が免除される乗用車

  • 電気自動車
  • プラグインハイブリッド自動車
  • 平成17年排出ガス規制に適合し、かつ、平成17年排出ガス基準値より75%以上窒素酸化物等の排出量が少ない天然ガス自動車
  • 平成17年排出ガス規制に適合し、かつ、平成17年排出ガス基準値より75%以上窒素酸化物等の排出量が少ないものであって、平成22年度燃費基準値(ディーゼル自動車にあっては平成17年度燃費基準値)より25%以上燃費性能の良いハイブリッド自動車
  • 平成21年排出ガス規制に適合したディーゼル自動車

(2) 自動車取得税と自動車重量税の税率が75%軽減される乗用車

  • 平成17年排出ガス基準値より75%以上窒素酸化物等の排出量が少ない自動車で平成22年度燃費基準値(ディーゼル自動車にあっては平成17年度燃費基準値)より25%以上燃費性能の良いもの

(3)自動車取得税と自動車重量税の税率が50%軽減される乗用車

  • 平成17年排出ガス基準値より75%以上窒素酸化物等の排出量が少ない自動車で平成22年度燃費基準値(ディーゼル自動車にあっては平成17年度燃費基準値)より15%以上燃費性能の良いもの
このページのトップへ