JAFの自動車税制改正に関する要望活動

自動車関係諸税の簡素化・負担軽減に関する「共同記者会見」を開催
〜過重なクルマの税負担を軽減して、国民生活を守るべき!〜

  • 日時:10月29日(月)13:00
  • 場所:東京プリンスホテル(東京都港区)
  • 主催:JAF・自動車税制改革フォーラム・自動車総連
  • テーマ:

    自動車関係諸税の簡素化・負担軽減に関する要望
    ー不合理・不公平な税は直ちに廃止するなど抜本的に見直すべきー
    ①自動車取得税と自動車重量税は消費税引上げまでに廃止すべき
    ②ガソリン税・軽油引取税に上乗せされた旧暫定税率は廃止すべき

    写真:自動車ユーザーを代表して不合理な自動車税制の見直しを訴える小栗会長

    ◆自動車ユーザーを代表して不合理な自動車税制の見直しを訴える小栗会長。

    吹出し:“JAFのアンケート調査によれば、ほとんどの回答者(98%)が自動車にかかる税金を負担に感じている。このような税体系に何ら手が打たれないまま消費税が引き上げられれば、自動車ユーザーには今以上に耐えがたい負担がかかることになる。”
    写真:勢揃いした自動車関連団体トップ

    ◆勢揃いした自動車関連団体トップ。それぞれの立場から、自動車関係諸税の簡素化と負担軽減に関する意見表明を行いました。

    写真:記者会見に臨む小栗七生JAF会長

    ◆記者会見に臨む小栗七生JAF会長(中)。左は日本自動車工業会会長の豊田章男氏、右は日本自動車販売協会連合会会長の守川正博氏。

    写真:JAFが中心となって実施した街頭活動の成果

    ◆会見では、JAFが中心となって実施した街頭活動の成果も発表されました。

    写真:愛知県知事の大村秀章氏、演出家のテリー伊藤氏

    ◆記者会見には、愛知県知事の大村秀章氏、演出家のテリー伊藤氏も来賓として出席しました。

    写真:枝野経済産業大臣に自動車税制の見直しを訴える小栗会長

    ◆枝野経済産業大臣に自動車税制の見直しを訴える小栗会長(左端)。

    記者会見終了後、小栗会長をはじめとする各団体の役員は、関係省庁の大臣や政党幹部のもとを訪れ、自動車取得税・自動車重量税の確実な廃止とガソリン税等の上乗せ税率の撤廃を求めました。

  • 出席者(敬称略):
    ○一般社団法人 日本自動車連盟(JAF) 会長 小栗 七生
    ○一般社団法人 日本自動車工業会 会長 豊田 章男
    副会長 伊東 孝紳
    副会長 志賀 俊之
    副会長 山内 孝
    副会長 益子 修
    ○一般社団法人 日本自動車販売協会連合会 会長 守川 正博
    ○社団法人 全国軽自動車協会連合会 会長 小谷 忠幸
    ○公益社団法人 全日本トラック協会 会長 星野 良三
    ○一般社団法人 日本自動車部品工業会 会長 玉村 和己
    ○全日本自動車産業労働組合総連合会 会長 相原 康伸
    ○来賓 愛知県知事 大村 秀章
    ユーザー代表 テリー伊藤

税制ページTOPへ戻る

このページのトップへ