クルマ何でも質問箱

新車ニュース

  • クルマ購入とカーライフ
  • メカニズムの基礎知識
  • 運転テクニックについて
  • 事故・違反・トラブル防止術
  • 海外ドライブ
  • バイク
  • その他

自転車で道交法違反をした場合は?

Answer

自転車は、道路交通法上は「軽車両」となっており、一般的なクルマと同じように、違反をするとさまざまな罰則が科せられる場合があります。

自転車について道路交通法では「自転車安全利用5則」が掲げ、自転車に乗るときに守るべきルールのうち、特に重要なものを取り上げています。自転車安全利用5則の内容は、以下の通りです。

  1. 1:自転車は車道が原則、歩道は例外
  2. 2:車道は左側を通行
  3. 3:歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  4. 4:安全ルールを守る
  5. 5:子供はヘルメットを着用

罰則にはさまざまありますが、例えば4の内容に関するものでは、夜間にライトや尾灯(反射器材)を点けないで走ると、5万円以下の罰金。6歳未満の子供を除く二人乗りや、並んで走行すると、2万円以下の罰金または科料。携帯電話や傘を差しての片手運転は、3ヵ月以下の懲役または5万円以下の罰金。とくに酒気帯びで乗ると、5年以下の懲役または100万円以下の罰金と、とても重い罰則が科せられます。ただし5には罰則がありません。

自転車で違反をして検挙された場合、いわゆる赤キップが切られて刑事処分の対象になります。自転車で交通事故を起こした場合には、運転者に刑事上の責任も問われます。さらに、被害者を死傷させれば「重過失致死傷罪」に問われる可能性もあります。被害者に対しては民事上の損害賠償の責任も発生しますので、自転車向けの損害保険の加入も含めて交通ルールをしっかり守って運転しなければなりません。なお、最近は自転車が原因による事故が増加しているため、自転車でのヘッドフォン(イヤホン)使用を禁止するなど、都道府県によっては新たな条例の導入も考えられています。

幼児を同乗させる際の自転車の運転については、16歳以上の運転者であれば、幼児用座席を設けた自転車に6歳未満の幼児を1人に限り乗車させることができます。さらに、運転者は幼児1人を子守バンド等で背負って運転することも可能です。

加えて、16歳以上の運転者は、幼児2人を同乗させることができる特別の構造又は装置を有する自転車(幼児2人同乗用自転車)に、6歳未満の幼児2人を乗車させることができます。しかし、幼児2人を乗車させた場合、運転者は幼児を背負って運転することはできません。

イラスト:イメージ
携帯電話での片手運転も、道交法第71条第6号により禁止されています。

2013年3月現在

参考資料等

このページのトップへ