スマートフォン版はこちら

クルマ何でも質問箱

新車ニュース

新車と中古車の購入費用に違いはありますか?

Answer

中古車の購入を考えた場合、最初に確認しておきたいのは車検の有無です。仮に車検が有る場合でも、どれくらいの期間残っているかにも注目してください。購入費用の違いという点では、この有無や残期間により大きく異なります。

中古車で車検が残っている場合は、当然のことながら車検費用がかかりません。車検証の名義変更を行い、ナンバープレートの交換などを行います。自動車税や取得税といった税金に関しては新車と同じく中古車にもかかりますが、取得税の算定方法は異なります。新車の場合は、車両価格に0.9をかけたものを基準としており、中古車の場合は、表のように経過年数で異なります。

車検が無い場合は、新たに2年間の車検を取得しなくてはなりませんので、重量税や自賠責保険料なども上乗せになります。新車の場合は3年間の取得に対して、中古車は2年間です。ただし、中古車では、ナンバープレートが付いているか否かで若干の違いが出てくるケースがあります。ナンバープレートが付いていなかったり、管轄が異なる場合は、新たにナンバープレートを取得しなくてはならず、費用項目が追加されます。

いずれにしても、購入時期などによって費用は大きく異なることから、事前に見積りを取得して、その詳細についてしっかりと把握しておくことが大切です。

新車と中古車購入時の諸費用の違い

新車 中古車
(車検が残っている場合)
備考
車検費用 × 中古車で車検を通す場合は必要
自動車税  
自動車取得税※1 普通乗用車 取得価格※2の3% 取得価格
(=新車時取得価格×残価率)の3%
軽自動車 取得価格※2の2% 取得価格※2の2%
自動車重量税 × 中古車で車検を通す場合は必要
自賠責保険料 中古車で車検が残っている分のみ
消費税
登録費用
車庫証明費用
納車費用 自分で取りに行く場合は不要
下取り費用 下取り車がある場合
リサイクル料金

※1 取得価格が50万円以下の場合は免除

※2 車両本体価格(主要オプション価格含む)の9割から、1,000円未満を切り捨てた価格

中古車残価率表

経過年 1年 1.5年 2年 2.5年 3年 3.5年 4年 4.5年 5年 5.5年 6年
乗用自動車 0.681 0.561 0.464 0.382 0.316 0.261 0.215 0.177 0.146 0.121 0.100
軽自動車 0.562 0.422 0.316 0.237 0.177 0.133 0.100 - - - -

※経過年数は、1/1〜6/30までの間に取得した場合0.5年。7/1〜12/31までの間に取得した場合1年。

2014年4月現在

参考資料等

このページのトップへ