クルマ何でも質問箱

Questionスタッドレスタイヤの寿命と正しい保管方法を教えて

POINT

  • ▲印にある溝がなくなれば、スタッドレスタイヤとしての使用限界。
  • 丁寧な走行で長持ちするし、融雪剤などを水洗いして、直射日光を避け温度変化の少ない通気性の良い場所で保管することが重要。

Answer

スタッドレスタイヤの寿命を確認するには、プラットホーム部分をみるのが確実です。タイヤ面が新品タイヤの50%まで磨耗すると積雪路・凍結路での性能が低下するので、冬用タイヤとして使うことができません。タイヤの溝の深さ50%の位置には使用限界を表すプラットホームが設けられています。プラットホームが設けられているサイドウォール部に「▲」印があります。その部分の溝がなくなっていたら、すでに限界ということです。

では、スタッドレスタイヤは何シーズン使用できるのか? という点については、これは使用条件によって、磨耗の度合いが変わってくるだけに、何年、何kmとは一概にいえませんが、一般的には3から5シーズンは使用できるといわれています。ただし、こまめにプラットホームをチェックすることをおすすめします。

スタッドレスタイヤを長持ちさせたいのであれば、もっとも注意したいのが乾燥路での走り方です。乾燥路では急発進や急ブレーキはもちろん、コーナーでも無理はせずに丁寧な走行を心がけましょう。

保管方法で重要なことは、スタッドレスタイヤの特徴である、柔らかいゴムを硬化させないことです。そのためには、まずは融雪剤や泥、油脂などの付着した異物を綺麗に水洗いして、水気を残さないように拭き取ります。その後、直射日光が当たらない、温度変化の少ない通気性の良いところで保管することが大切です。

タイヤ(ホイールとのセット)の保管は、タイヤへの負担(ゴムやタイヤの骨格を支える内側のコード類)を低減するため、空気圧を指定の半分程度に下げておくことがベストとされます(置き方は平積み)。 但し、次回の使用前に適正空気圧に戻すためのコンプレッサーを用意する必要もあるため、整備工場やガソリンスタンド等専門店での作業をお勧めします。 また、タイヤのみで保管する場合はタイヤラック等を用いて立てかけておきます。

※プラットホームとは冬用タイヤとしての使用限度を示すサイン

イラスト:イメージ

2014年4月現在


クルマ用語辞典
人気Q&Aランキング(月間)
カテゴリ一覧
他のQ&Aを検索する

質問箱を検索


クルマ何でも質問箱 Powered by JAF

PAGE TOP

このページのトップへ