スマートフォン版はこちら

クルマ何でも質問箱

新車ニュース

10・15モード燃費、JC08モード燃費とはなんですか?

Answer

2011 年4 月以降に型式指定を受けるクルマから、カタログなどに記載される燃費表示が「JC08モード燃費(国土交通省審査値)」に変わりました(10・15モードとの併記の場合もあります)。それ以前から販売されているクルマ(継続生産車)についても、2013 年3月以降はJC08モード燃費に統一されています。

自動車の燃費数値は、気象条件や渋滞等の使用環境や、急発進、エアコン使用などの運転方法に応じて異なるため、車種間で燃費数値を比較するためには一定の測定方法が必要です。そのため、国土交通省では、1991 年に燃費測定方法として10・15(ジュウジュウゴ)モードを定めました。10・15モードは、策定当時のユーザーの自動車使用環境をもとに走行パターンを定められましたが、使用環境の変化や測定技術の進歩を踏まえ、より実際の走行に近づけるため、新たな測定方法としてJC08(ジェイシーゼロハチ)モードが考案されました。

JC08モードでは、さらに実際の使用状況に近づけるために細かい速度変化で運転するとともに、エンジンが暖まった状態だけでなく、冷えた状態からスタートする測定も加わっています。車両によって異なりますが、一般的にJC08モード燃費の方が10・15 モード燃費より概ね1 割ほど低くなる傾向があります。

なお、燃費数値の審査はクルマの型式指定審査時に行われます。型式指定審査において、規定どおり測定された燃費数値であることが認められた値が、「国土交通省審査値」としてカタログに記載されます。

グラフ:JC08モード走行の特徴
イラスト:JC08

2013年3月現在

参考資料等)

このページのトップへ