クルマ何でも質問箱

新車ニュース

  • クルマ購入とカーライフ
  • メカニズムの基礎知識
  • 運転テクニックについて
  • 事故・違反・トラブル防止術
  • 海外ドライブ
  • その他

メンテナンスフリーバッテリーは通常品と何が違うのですか?

Answer

メンテナンスフリーバッテリーと、普通のバッテリーの大きな違いとして、構造的な設計の違いがあげられます。メンテナンスフリーバッテリーの場合、電槽、いわゆるプラスチック容器の密封性が高いことから、電解液(希硫酸)に含まれる水分の蒸発が少ないことが特徴といえます。

普通のバッテリーの場合、点検はケース上に記されたUPPER(上)とLOWER(下)のレベルの間に電解液が収まっていればOKです。その際、6つある電槽すべてをチェックする必要があります。化学変化によって希硫酸に含まれる水分が蒸発すると、電解液が減り、バッテリーの機能が低下します。減っていたら、カー用品店などで売っている補充液、もしくは精製水をバッテリー上部のフタをはずして足すことが必要です。また、市販の電解液(バッテリー液)用の比重計を使って、比重(充電状態)の点検も必要となります。こちらは、比重計の目盛りが1.26〜1.28だと最適な状態で、1.24未満の場合は充電が必要です。

メンテナンスフリーバッテリーの場合、バッテリー液の補充や比重のチェックはできません。ただし、その多くは点検用のインジケーターを備えており、そこに充電不足や液不足が表れるようになっています。メンテナンスフリーといえども、定期的な点検は必要となります。

イラスト:メンテナンスフリーバッテリー

2013年3月現在

このページのトップへ