クルマ何でも質問箱

Question運転中に携帯電話を使用していると違反になるのですか?(ながらスマホ)

POINT

POINT

  • 運転中の「ながらスマホ」による事故が社会問題となっている。
  • 自動車やバイクの運転中に携帯電話を使用することは違反。
  • 悪質な運転を繰り返す自転車の運転者には講習が義務化された。

Answer

運転中の携帯電話使用による罰則
運転中の携帯電話使用による罰則

自動車またはバイクの運転中におけるスマートフォンなど携帯電話の使用(いわゆる「ながらスマホ」)については、1999年の道路交通法改正に規定が盛り込まれています。無線通話装置(携帯電話など)を通話のために使用すること、および画像表示用装置(モニター画面など)に表示された画像を注視することが禁止されるとともに、本規定に違反し道路における交通の危険を生じさせた(事故などを起こした)場合に限って、3カ月以下の懲役又は5万円以下の罰金が科されます。
 この規定の施行(1999年11月1日)前後に発生した、携帯電話などの使用にかかわる交通事故の状況を見ると、施行直後は大幅に減少しましたが、その後は増加に転じて、2003年は2000年の約2倍となり、規定の犯罪抑止力が低下してしまいました。そこで2004年の改正では、1999年の改正により禁止されていた行為のうち、無線通話装置を手で保持して通話のために使用すること、および画像表示用装置を手で保持して、表示された画像を注視することという行為自体に対して5万円以下の罰金が科されることになりました。
 この違反行為は交通反則通告制度の対象で、反則金の額は大型7,000円、普通・二輪6,000円、原付5,000円とされています。また、付加点もあります。


自転車運転中の携帯電話使用について

携帯電話などを使用しながら自転車を運転したことによる事故が社会問題となっています。自転車は軽車両に属する乗り物であり、運転中における携帯電話などの使用は片手運転を助長することにもつながります。そのため、東京都では2009年7月1日に施行された道路交通規則の一部改正のなかで、傘差し運転、自転車で画面注視を含む携帯電話などを使用しながらの運転を禁じています。この違反者には5万円以下の罰金が課せられます。
 さらに、2015年6月1日の自転車に対する改正道路交通法には、悪質な違反を繰り返す運転者には講習が義務化されることが決まりました(詳細は『自転車のルール違反にも罰則があるの?』を参照)が、その14項目に「安全運転義務違反」が記述されています。これは道路交通法第70条第1項により定められているもので、車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない、とされています。この解釈として、自転車乗車中に携帯電話などの使用によってハンドル、ブレーキその他の装置に対する確実な操作ができないと判断されたとするならば、2015年6月1日の自転車に対する改正道路交通法における危険行為とみなされる可能性があるので注意が必要です。


2015年6月現在






このページのトップへ