JAFを呼ぶ前に

ご依頼時の確認事項や対象車種、注意事項のご案内

まずは安全確保を

高速道路上は大変危険です。
ガードレールの外側など安全な場所に避難してからお電話をおかけください。

電話でおたずねすること

受付作業をスムーズにするため以下をご確認ください。

◆ POINT ◆

どんな車ですか?

車名、ナンバー、ボディカラーをご確認ください。

どんなご依頼ですか?

車のトラブル詳細を教えてください。

お車はどこにありますか?

地名、住所、目印をご確認ください。

会員証はお持ちですか?

お持ちの方は会員番号をご確認ください。

高速道路で非常電話を利用できない場合

高速道路名、進行方向およびキロポスト表示をご確認ください。 キロポスト表示は各高速道路などの起点からの距離を示すもので、道路の両側 100m毎に表示されています。

対象車種

車両重量3,000kg以下(最大積載量2,000kg以下)の自動車・バイクが対象です。

3,001kg以上のバスやトラックは「燃料切れ」「キーの閉じ込み」のみ対応します。

EV(電気自動車)の電池が切れた場合、充電ステーションまで搬送します。

対象外の車種

特殊車両は小型・大型を問わず出動できませんのでご了承ください。

(1) 大型特殊自動車

大型の特殊自動車のこと。日本の道路交通法では「カタピラを有する自動車(内閣総理大臣が指定するものを除く。)、ロード・ローラ、タイヤ・ローラ、ロード・スタビライザ、タイヤ・ドーザ、グレーダ、スクレーパ、ショベル・ローダ、ダンパ、モータ・スイーパ、フォーク・リフト、ホイール・クレーン、ストラドル・キャリヤ、アスファルト・フィニッシャ、ホイール・ハンマ、ホイール・ブレーカ、フォーク・ローダ、農耕作業用自動車、ロータリ除雪車、ターレット式構内運搬車、自動車の車台が屈折して操向する構造の自動車及び内閣総理大臣が指定する特殊な構造を有する自動車で、小型特殊自動車以外のもの」

(2) 小型特殊自動車

小型特殊自動車とは、特殊な構造を持つクルマで、以下の基準(長さ4.7m以下、幅1.7m以下、高さ2.0m以下、総排気量1,500cc以下、最高速度15km/h以下)にあてはまるもののこと。なお、農耕車はサイズ、総排気量に制限はなく、最高速度だけ35km/h未満に制限される。

◆ ATTENTION ◆

法人会員として登録が可能な車種と異なります。
法人会員に登録できる車種については、入会のご案内・法人会員に入会するページからご確認ください。会員の方が事業用車両(緑ナンバー/黒ナンバー)へお客様として同乗されている場合は、会員としてのサービスは受けられません。

ロードサービスご利用上の注意

1 ロードサービスご利用上の注意 対象車種であっても以下に該当する場合は、ロードサービスをお断りすることがあります。

(1) 法的な制限

・違法改造車及びナンバープレートのない車両。
・車検切れの車両。ただし、これを放置すると交通の円滑を阻害するなどやむを得ない事情がある場合は、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の期間内であればこの限りではありません。
・自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)切れの車両
・飲酒運転等法令に違反している場合。

(2) 車両状況等

以下のケースは、可能な限り外部の作業可能な業者をご案内するなどの手配を行いますのでご相談ください。

・特殊構造の鍵及び車両の運行に関係ない部分の鍵の開錠。
・けん引・搬送が不可能な構造や車両重量が3トンを超える車両。
・搬入場所がない車両のけん引・搬送。
・長距離の搬送(長距離に及ぶ搬送については、地域、時間帯によって対応が困難な場合があります。その場合、可能な限り最寄りの修理工場への入庫などの手配をしますのでご相談下さい。)
・ロードサービスにより高級品/生鮮食料品/危険物等に損害や危険の生じる恐れがある場合。
・危険な作業及びJAFが保有する装備・車両等で作業が困難な場合。

(3) 天候、災害等の地理状況

・立入禁止地域及び一般車両が通行できない場所
・未除雪、冠水等により車両の運行が困難な地域
・危険が予測される地域
・一部の離島 ※詳細はJAFコールセンターまでお問い合わせください。

2 以下のように、同一車両、同一故障・事故等で繰り返しの作業を行った場合、全体を一つの作業として取り扱います。その際、会員無料の範囲を超えた場合は有料となります。

・パンク等トラブル以外のタイヤ交換について、複数回にわたり繰り返しの作業を行う場合。
・けん引・搬送を複数回にわたり繰り返す場合は、けん引・搬送した距離を通算します。

ロードサービスご利用に際してのお願い

お客様の安全のため、スムーズな作業のためにお願いがあります!

1:安全対策について

道路上での故障・事故の場合、二次的な事故防止のため停止表示器材などで安全対策を行ってください。特に、高速道路・自動車専用道路上は大変危険ですので、サービスカーが到着するまで、必ずガードレールの外など安全な場所でお待ちください。

2:作業時間について

高速道路・自動車専用道路での作業は、大変危険を伴うことから、作業等の安全確保に必要な措置を講ずるために、時間を要する場合がありますのでご協力をお願いします。

3:ご本人の確認

作業の内容により、ご本人確認のため運転免許証、自動車検査証等の確認をさせていただく場合があります。

4:関係先への連絡

救援依頼内容が第三者の管理する場所及び所有物等に関わる場合には、関係先に連絡のうえ承諾を得てください。

5:サービスカー到着にかかる費用負担について

有料駐車場の駐車料、カーフェリーの往復乗船料等、サービスカーが到着するのに別途費用が必要な場合は、当該費用のご負担をお願いいたします。

6:パンク修理

パンクの応急修理は、チューブ入りタイヤや二輪車の前輪タイヤ等、現場でできない場合がありますので受付時にご相談ください。

7:救援依頼集中時の対応

大雨や大雪、災害時など救援依頼が急増した場合に、電話が繋がりにくいことがあります。その際はアプリ「JAFを呼ぶ」をご利用ください。また、サービスカーが到着するまでに時間を要する場合や道路事情等により到着することができない場合があります。

平成30年3月28日改定

このページのトップへ