バッテリートラブルの発生傾向

point!

統計結果から見ると特にエアコンを駆使する夏にトラブルが多いバッテリー。
ここでは、バッテリーのトラブルはなぜ発生するのかという分析をしてみました。

車両の発電と電力供給

電気は自然に生み出される訳ではなく、車の場合エンジンの回転で発電機を駆動しバッテリーに蓄積し、必要に応じてバッテリーから電気を供給しています。バッテリーのトラブルは電気を作れる量と使う量の不釣り合いから発生する事が多いようです。

車両の発電容量と消費電力

一般的な車両の発電機の発電容量と、電装品の消費電力を見てみましょう。

一般的な車両の発電容量

車種 発電機容量
小型乗用車 40〜60A/時間
中型乗用車 40〜60A/時間
大型乗用車 60〜80A/時間
ワンボックス車 60〜80A/時間
軽自動車 35〜60A/時間

電気消費量TOP5

1位 エアコン
2位 ブレーキランプ
3位 リアデフォッガー
4位 ヘッドライト
5位 ワイパー

左の表からもわかるように、特に夏場にエアコンの電力消費量は電気を作れる容量の最大4割近くを使っています。自動車で使う電気はエアコンだけではありません。

ご入会はこちら 色々選べる入会方法

困った! JAFを呼びたい!

  • JAFロードサービスとは
  • 料金のご案内
  • ロードサービスご利用に際してのお願い
  • お客様の安全を守ります
  • ご利用時の安心サポート
    • プラスワンサービス
    • ワンポイントアドバイス
    • サポートサービス
  • ロードサービス ご利用上の注意
  • 自動車損害保険加入者への優遇サービス
  • 動画で見るロードサービス
  • トラブルの傾向と対策
  • データで見るロードサービス
  • ロードサービスのあゆみ
  • ロードサービスカーのすべて
  • 特別支援隊による災害救援と訓練
    • JAFロードサービス隊員の東日本大震災
  • JAFストーリー
  • EV(電気自動車)の取り扱い
  • ロードサービスご利用者アンケート 回答はこちら
このページのトップへ