オーバーヒート:冷却液用ファンの作動不良

速度の低下によって水温計が異常に上がる場合は、冷却用電動ファンの故障の可能性があります。

高速道路を走っていて渋滞に巻き込まれた途端に水温計の針が上がり始めたというケースがあります。

走行中はラジエターに走行風が当たって冷却されますが、渋滞に巻き込まれると走行速度が下がり、ラジエターに走行風が当たらなくなります。通常は水温が上がると冷却用電動ファンが作動して強制的にラジエターに風を送りますが、冷却用電動ファンに作動不良が発生しているとラジエターに十分な風が送られず、冷却効果が得られません。

それまでスムーズに高速道路を走行してきたのに、渋滞に巻き込まれたり、サービスエリアなどで停車した直後に、急に水温が上がるような場合は冷却用電動ファンの作動不良が考えられます。

このような場合は、冷却用電動ファンが作動しているか確認し、作動していない場合はエンジンを停止しましょう。

ご入会はこちら 色々選べる入会方法

困った! JAFを呼びたい!

  • JAFロードサービスとは
  • 料金のご案内
  • ロードサービスご利用に際してのお願い
  • お客様の安全を守ります
  • ご利用時の安心サポート
    • プラスワンサービス
    • ワンポイントアドバイス
    • サポートサービス
  • ロードサービス ご利用上の注意
  • 自動車損害保険加入者への優遇サービス
  • 動画で見るロードサービス
  • トラブルの傾向と対策
  • データで見るロードサービス
  • ロードサービスのあゆみ
  • ロードサービスカーのすべて
  • 特別支援隊による災害救援と訓練
    • JAFロードサービス隊員の東日本大震災
  • JAFストーリー
  • EV(電気自動車)の取り扱い
  • ロードサービスご利用者アンケート 回答はこちら
このページのトップへ