オーバーヒートの症状

オーバーヒートとは、エンジンが正常に機能するための適正な水温を超えて熱くなった状態です。原因としては、「冷却液不足」など「冷却システム」のいずれかが故障すると起こりますが、エンジンオイル不足などの「潤滑システム」に異常が起こった場合も発生することがあります。いずれもオーバーヒートの状態が進むと「シリンダーヘッドガスケットの破損」や、ピストンなどのエンジン内部に焼き付きを起こすなど、重大な損傷を与えることがあります。

オーバーヒートの症状が進行すると、「ガスケット破損」や焼き付きに至り、走行不能になります ガスケット破損

ご入会はこちら 色々選べる入会方法

困った! JAFを呼びたい!

  • JAFロードサービスとは
  • 料金のご案内
  • ロードサービスご利用に際してのお願い
  • お客様の安全を守ります
  • ご利用時の安心サポート
    • プラスワンサービス
    • ワンポイントアドバイス
    • サポートサービス
  • ロードサービス ご利用上の注意
  • 自動車損害保険加入者への優遇サービス
  • 動画で見るロードサービス
  • トラブルの傾向と対策
  • データで見るロードサービス
  • ロードサービスのあゆみ
  • ロードサービスカーのすべて
  • 特別支援隊による災害救援と訓練
    • JAFロードサービス隊員の東日本大震災
  • JAFストーリー
  • EV(電気自動車)の取り扱い
  • ロードサービスご利用者アンケート 回答はこちら
このページのトップへ