オーバーヒート:冷却液不足

冷却液(ロング・ライフ・クーラント:LLC)は、名前の通り、エンジン内部を冷やすものとして必要不可欠なものです。冷却液が不足すると正常に冷却されなくなり、エンジンが異常高温になってしまいます。冷却液の点検は法律でユーザーに義務付けられており、比較的簡単に実施できます。

原因・傾向

冷却液はどこから漏れる?




冷却液(ロング・ライフ・クーラント:LLC)の漏れやすい箇所には、「ラジエタ−本体」「ラジエターホース」「ヒーターホース」「ウォーターポンプ」などがあります。

ラジエター本体は、走行中に石などが当たって穴が空くことがあります。ラジエターホースやヒーターホースなどのホース類は、ゴムの劣化によってひび割れが発生することがあります。また、ウォーターポンプからは、回転部のガタによって水漏れが発生することがあります。

駐車中に冷却液が漏れた場合は、クルマの下に液だまりができることがあるのでクルマの下回りのチェックも必要です。エアコンからでる水と間違えがちですが、LLCには赤・青・緑などの色が着いており、特有の臭いもあります。走行中に漏れたLLCの異臭がする場合もありますが、濃度が薄くなっていたり、クルマ自体も車内の気密性が高くなっているので臭いで気づくケースは少ないようです。

対処法

水温計が高くなっていたら…

エンジンが異常高温になると、その症状は第一に水温計に現れます。水温計の針がHマークに至らない範囲であっても、Hマーク手前の目盛り付近まで水温が上がっているような場合はオーバーヒート気味です。この段階で対処し水温が下がれば、シリンダーガスケット破損やエンジンの焼き付きなどの深刻な事態に至らずに済むこともあります。水温計の針がHマークを超える場合は、より深刻なオーバーヒート状態です。いずれにしても、早い対処がクルマのダメージを防ぐポイントです。

機能解説

エンジンの冷却システムとは?

オーバーヒートを防ぐだけでなく、エンジンが本来の性能を発揮できる温度を維持しています。

クルマのエンジンは、内部に冷却液を循環させることで冷却しています。ウォーターポンプによって冷却液を循環し、エンジン内で熱せられた冷却液はラジエターで冷やされます。
また、冷却液を適温に維持するために、サーモスタットとラジエターファンがあります。サーモスタットは冷却液の循環を調節し、ラジエターファンはラジエターに強制的に風を流すことで冷却液を冷やしています。

冷却液とは?
イメージ冷却液(ロング・ライフ・クーラント:LLC)はただの水ではありません。

冷却液は、エンジン冷却システムになくてはならないものですが、求められる性能条件は主に2つあります。

ひとつは、不凍性です。クルマは、冬季の寒冷地での使用で、氷点下の温度にさらされます。その時に冷却液が凍ってしまうと、体積が膨張してラジエター内部やエンジンの破損につながります。

2つめは、防錆性です。冷却液は、エンジン内を循環しています。仮に冷却液が真水ですと、冷却液が循環する部分で使われている金属部品が錆びて循環を妨げ、冷却効果を低下させてしまいます。

この不凍性と防錆性を兼ね備えたものがロング・ライフ・クーラント(LLC)です。市販されているLLCには、水で薄めて使用する原液タイプと、あらかじめ濃度調整されていて、そのまま使用できるものがあります。濃度が適正でないと十分に性能が発揮されないので、ラジエターに入れる前に確認が必要です。

再現テスト

ご入会はこちら 色々選べる入会方法

困った! JAFを呼びたい!

  • JAFロードサービスとは
  • 料金のご案内
  • ロードサービスご利用に際してのお願い
  • お客様の安全を守ります
  • ご利用時の安心サポート
    • プラスワンサービス
    • ワンポイントアドバイス
    • サポートサービス
  • ロードサービス ご利用上の注意
  • 自動車損害保険加入者への優遇サービス
  • 動画で見るロードサービス
  • トラブルの傾向と対策
  • データで見るロードサービス
  • ロードサービスのあゆみ
  • ロードサービスカーのすべて
  • 特別支援隊による災害救援と訓練
    • JAFロードサービス隊員の東日本大震災
  • JAFストーリー
  • EV(電気自動車)の取り扱い
  • ロードサービスご利用者アンケート 回答はこちら
このページのトップへ