オーバーヒート再現テスト

  • 実験1
  • 実験2
  • 実験3

実験3:冷却水が足りないとどうなる?

実験内容

冷却装置の中心的役割を果たす冷却水(ロング・ライフ・クーラント:LLC)が不足した場合にどうなるのか……。このテストでは、規定量6.3リットルから約3分の1に相当する2リットルの冷却液を抜き取ってテストを行いました。LLCは、かろうじて循環できる量です。

実験結果


規定量の3分の1に相当する2リットルのLLCを抜き取ってテストを行った。

6分間のアイドリング・テストでは、開始温度が低いせいもあって、大きな温度変化はありませんでした。しかし、続く5分間の低速連続走行後の2〜3分経過時にはエンジンオイルの温度が95.6℃から102.2℃へと6.6℃上昇。一方、水温も98.1℃から101.3℃と、3.2℃上昇しました。 空気が混じった状態でLLCが循環すると冷却効果が低下します。そのため、シリンダー周囲の温度が上昇し、さらにLLCが部分的に沸騰したため冷却が不十分になり、エンジンオイルの顕著な温度上昇に現れたものと思われます。

さらに3分間、負荷をかけてテストを続行すると、LLCの温度は103.4℃、エンジンオイルは102.5℃と逆転しました。これはLLCの方が、エンジンオイルより敏感に温度上昇に反応した結果といえます。 実際の市街地走行の条件はさらに厳しく、このような状態で走り続ければ確実にオーバーヒートに至り、ガスケット破損やエンジンの焼き付きにつながります。また、水温センサーの位置や不足している量によっては、水温計で異常を感知できないので注意したいところです。

冷却液不足での温度変化

[冷却液2リットル不足状態、アイドリング、Pレンジで計測] (単位:℃)

経過時間 冷却水温度 エンジンオイル
温度
ATF温度
開始時 74.2 77.7 73.9
1分 80.9 79.6 76.2
2分 85.1 82.1 76.4
3分 85.8 83.7 76.4
4分 86.5 83.6 77.1
5分 85.6 81.8 76.8
6分 86.1 83.5 76.9
低速で5分間連続走行後、1分間走行するごとに計測してみると……
1分 96.1 94.6 83.4
2分 98.1 95.6 83.2
3分 101.3 102.2 83.4
 
6分 103.4 102.5 89.5

※テスト車における参考値なので、メーカーや車種によって数値などは異なります。

ご入会はこちら 色々選べる入会方法

困った! JAFを呼びたい!

  • JAFロードサービスとは
  • 料金のご案内
  • ロードサービスご利用に際してのお願い
  • お客様の安全を守ります
  • ご利用時の安心サポート
    • プラスワンサービス
    • ワンポイントアドバイス
    • サポートサービス
  • ロードサービス ご利用上の注意
  • 自動車損害保険加入者への優遇サービス
  • 動画で見るロードサービス
  • トラブルの傾向と対策
  • データで見るロードサービス
  • ロードサービスのあゆみ
  • ロードサービスカーのすべて
  • 特別支援隊による災害救援と訓練
    • JAFロードサービス隊員の東日本大震災
  • JAFストーリー
  • EV(電気自動車)の取り扱い
  • ロードサービスご利用者アンケート 回答はこちら
このページのトップへ