お客様の声
〜JAF ストーリー〜

139

2018年1月号

エンジン

みなさん、やさしくて

お客様
酒井健次さん(56) - 長野県

 元日のトラブルは、なにかと気持ちが重い。酒井健次さんの車が動かなくなったのが1月1日。場所は、小江戸と呼ばれ、観光スポットとしても人気の埼玉県川越市。「時の鐘」に近い交差点。信号待ちをしている先頭でエンジンが止まったまま始動しなくなったのだ。

 川越市内で元日のアルバイトを終えた息子を迎えに行き、そのまま南浦和で1泊して、翌日、みんなで松本に帰ってくる。そういう予定だった。なので、飼っている犬を乗せて奥さんと松本市の自宅を出た。川越で学生時代を過ごした息子さんは春からの就職が決まっていて、すでに南浦和に部屋を借りていた。その部屋が案外広く、両親と犬も泊まることができた。

 元日の夕方5時過ぎ。川越市内。
「アイドリングストップ、かかりました。青になったのでブレーキ離しました。でも、エンジンがリスタートしない。おかしいと。もう一回踏んでも、かからない」
 酒井さんは、ちょっとしたパニックになりながらも、ハザードを点滅させ、後部座席の奥さんにJAFに電話してもらい、自分は外に出て後続車を誘導した。息子は犬を連れて外に出た。JAFのオペレーターに110番にも電話するように言われたので、電話した。後続車のクラクションを浴びることもなく、しかも、近所の商店から人が出てきて車を押してくれた。

「みなさん、やさしくて……」
 パトカーが来て、すぐにJAFのレッカー車も到着した。
「ほんとに安心はしたけれども、南浦和までどうするんだ、と」
 町田聡志隊員はすぐにけん引の準備をして、安全な場所まで車を運んで調べることにした。息子さんは犬を連れ、歩いて向かった。市役所そばの広い場所で調べてみたが、原因はわからない。

 運転席の隊員と話しているときに、ひょいとエンジンがかかった、と、酒井さんは言う。だが、町田隊員の記憶は少し違う。症状としては、エンジンは始動しかけるのだが、すぐに止まってしまう。
「チェックランプが点いていたので、なにかしら、コンピューターが異常を感知して、エンジンをかけさせないというか、アイドリングさせないのかなと思ったんです」

 これから南浦和まで行き、明日には松本まで帰るという酒井さん。正月休みでディーラーはやっていない。町田隊員は提案した。
「ヒューズを抜いて、一回リセットしてみましょうって……」
 すると、エンジンは正常に再始動したのである。
「隊員さんが、途中までいっしょに行きますって。浦和の半分くらいまで、ついてきてくれた」

 荒川を渡った先にあるコンビニまで追従して、町田隊員は、改めて問題がないことを確認した。正月明けに、隊員に言われたとおりディーラーで点検してもらったが、問題は見つからなかった。
「町の人も、おまわりさんも、JAFさんも、みなさん、やさしくて。こんな町に息子はいたんだなと思って、ありがたかったなって」
 うれしい元日の記憶。
(写真・文=松尾伸弥)

駆けつけた隊員

町田聡志 隊員 38歳

坂戸基地。
「専門用語はできるだけ使わないで、わかりやすく、噛み砕いて説明をするように心がけています」

このページのトップへ