JAF災害救援車両

災害は、前ぶれもなく突然襲ってきます。
阪神大震災では、家屋や橋梁の倒壊による交通の麻痺が深刻な問題としてクローズアップされました。
JAFでは、災害時に安全な交通路を確保するために、災害救援車両を配備しています。

JAF災害救援車両(フォワードジャストン)

JAF災害救援車両の主力となるのがこの4tレッカーです。すでに20台を全国に配備しています。

災害地での輸送経路の確保を最大の目的に、放置された車両を速やかに排除する役割をになっています。

これらの車両には、フロントウインチ、乗用車用タイヤエア補充装置、カーナビゲーション、車両後方確認カメラ、照射方向可変型サーチライトなどを、統一装備として装着しています。

写真:JAF災害救援車両(フォワードジャストン) 2

写真:JAF災害救援車両(フォワードジャストン) 3

写真:JAF災害救援車両(フォワードジャストン) 4
写真:JAF災害救援車両(フォワードジャストン) 1

<主要諸元・フォワードジャストン2WD>
●全長×全幅×全高:6150mm×2210mm×2680mm ●車両重量:5410kg
●ホイールベース:3100mm
●エンジン:8.2リッター直列6気筒ディーゼルエンジン●最高出力:210ps/2850rpm ●最大トルク:55.0kg-m/1700rpm ●駆動方式:2WD

写真:JAF災害救援車両の運転席

運転席には、手の届くところに車両誘導灯や懐中電灯を配備するほか、安全確保のためリアモニターを採用しています。

このページのトップへ