サービスカー・レッカー車のあゆみ

part4 A.D.1979

1979年(昭和54年)

国内の自動車架装会社と協力開発し、国産レッカー車に「タイヤ吊り装置」を導入。
荷重強度の最も高いタイヤを支点として持ち上げるため、ボディへの負担が少なく、傷がつく危険も少ない。

JAFの動き
会員数150万名突破。
この年の出来事
東京サミット開催。
このページのトップへ