オーバーヒート

◆ POINT ◆

オーバーヒートとは、エンジンが正常に機能するための適正な冷却水の水温を超えて熱くなった状態です。

オーバーヒートの原因

オーバーヒートの原因としては、「冷却液不足」など「冷却システム」のいずれかが故障すると起こりますが、エンジンオイル不足などの「潤滑システム」に異常が起こった場合も発生することがあります。いずれもオーバーヒートの状態が進むと「シリンダーヘッドガスケットの破損」や、ピストンなどのエンジン内部に焼き付きを起こすなど、重大な損傷を与えることがあります。

オーバーヒートの原因には概ね以下の5つがあります
  1. ラジエター・各種ホース類からの冷却液(ロング・ライフ・クーラント:LLC)の漏れ・不足
  2. ウォーターポンプの作動不良
  3. 冷却用電動ファンの作動不良
  4. サーモスタット及びサーモメーターの作動不良
  5. その他の原因
このページのトップへ