オーバーヒートの症状

オーバーヒートとは、エンジンが正常に機能するための適正な水温を超えて熱くなった状態です。原因としては、「冷却液不足」など「冷却システム」のいずれかが故障すると起こりますが、エンジンオイル不足などの「潤滑システム」に異常が起こった場合も発生することがあります。いずれもオーバーヒートの状態が進むと「シリンダーヘッドガスケットの破損」や、ピストンなどのエンジン内部に焼き付きを起こすなど、重大な損傷を与えることがあります。

オーバーヒートの症状が進行すると、「ガスケット破損」や焼き付きに至り、走行不能になります
このページのトップへ