冷却用電動ファンが回らないとどうなる?

実験1:冷却用電動ファンが回らないとどうなる?

実験内容

正常な状態では冷却用電動ファンが回りはじめる水温は93.4度からでしたが、このテストでは2基の冷却用電動ファンのコネクターを抜いて停止させました。計測は、Pレンジ、アイドリング回転という条件で行いました。

実験結果

水温は、1分毎に6℃以上の上昇を続け、4分経過後の112.2℃を超えたあたりから、冷却液(ロング・ライフ・クーラント:LLC)がリザーバータンク内に吹き出し始めました。

5分経過時には120.6℃まで水温が上昇。沸騰したLLCがリザーバータンク内に吹き出し、あふれたLLCはリザーバータンクオーバーフロー排出用ホースから流れ出しました。さらにテストを続行しようとしましたがエンジン回転に滑らかさがなくなり、同時にゴロゴロ感のある異音が加わったため断念しました。2基ある冷却用電動ファンのうちの1基のコネクターを接続して冷却用電動ファンを作動すると、わずか2分後にはテスト開始時を下回る88℃まで下がり冷却用電動ファンの効果が再確認されました。

もし、このままテストを続けていたら、間もなくエンジン焼き付きに至ることは間違いなかったでしょう。この結果、115℃ を境界として、これを超える水温をオーバーヒートということができるようです。また、実際の走行では、走行風によってラジエターに風が送られるため、本当はオーバーヒート状態なのに、ドライバーは目的地までまったく気が付かない……というケースも少なくないのです。

電源コネクタをはずして、電動ファンを強制的に停止してみた。

テスト開始3分で冷却水温度は112℃まで上昇。5分経過後にはメーターパネルの水温系も危険状態を示した。

冷却用電動ファン停止状態での温度変化

[アイドリング、Pレンジ測定] (単位:℃)

経過時間 冷却水温度 エンジンオイル
温度
ATF温度
1分 93.4 93.0 86.5
2分 101.8 95.6 86.5
3分 107.4 95.5 89.4
4分 112.2 99.0 91.0
5分 120.6 105.1 96.0
ここで冷却用電動ファンを1基動かしてみると…
1分 102.0 106.7 97.3
2分 88.0 100.1 95.5

※テスト車における参考値なので、メーカーや車種によって数値などは異なります。

このページのトップへ